【100均(セリアなど)でハーバリウム】買える材料(造花、瓶)や作り方を紹介


スポンサーリンク

 

「ハーバリウムに挑戦してみたいけど材料を揃えるのに結構お金がかかりそう」と思っている方に朗報です!

 

ハーバリウムに必要な材料は、セリアやダイソーなどの100均でも購入できます。

 

花材の専門店で購入した材料でなくても、お手軽なものから本格的なものまで幅広い種類のハーバリウム作りが可能です。

 

本記事では、100均で購入できるハーバリウムの材料簡単な作り方を紹介しています。

 

【ハーバリウムの通信講座】オススメはこれ!!資格を通信で取得する!

 

セリアやダイソーで買えるハーバリウムの材料

造花

 

※写真はイメージです

 

100円ショップで購入できるハーバリウムの材料に造花があります。

 

店舗によって在庫は異なりますが、おおよそほとんどのお店で取り扱いがあります。

 

生花を使用すると水分が腐敗の原因などになってしまうので、造花はとても使いやすいです。

 

また造花だけでなく、人工的に作られたプラスチック製などの観葉植物果実もハーバリウムの材料として使うことができます。

 

ポプリ

 

引用:Marine Days ~I LOVE Handmade~ポプリリースを作ってみました

 

造花と同じように役立つのが100均のポプリです。

 

特徴として同系色のドライフラワーがセットになっているので、1つ購入するだけでハーバリウム1つ分の花材が準備できたことになります。

 

また、色だけが違うポプリでハーバリウムを作り並べてみると、カラフルなインテリア雑貨として活躍してくれるでしょう。

 

ハーバリウムの花材を紹介!通販や店舗で買える花(ドライフラワー、造花など)

 

引用:【100均】セリアのガラス・保存瓶【ボトル】をたくさん見てきた!ジャム 商品一覧 種類

 

続いては100均のです。

 

瓶の種類は、角柱、円柱、円筒、円錐、その他(丸、ハートなど)があります。

 

ハーバリウム作りが初めての方や、お試しで作ってみたいという方には、容量が小さめ(約200mL以内)な容器がおすすめです。

 

容量が小さいことで、使用する花材やオイルの量も少なく済みます。

 

容器の形はお好みになります。

 

縦長の容器は不必要な隙間を埋めやすいので、花材が意図せず浮いてきてしまうのを防ぎやすくなります。一方で、開け口が狭いので慣れないと花材が入れにくいかもしれません。

 

ジャムの瓶のような円筒型の容器であれば、開け口が広いので指で簡単にササッと花材が入れられるでしょう。

 

ハーバリウムの瓶の販売店や、容器(電球、ハート、丸など)、消毒方法を紹介

 

◆ベビーオイル

100均ではなんと、ハーバリウムの代用として使えるベビーオイルも販売されています。

 

一点だけ気にかけてもらいたいのがベビーオイルの成分です。ベビーオイルには、主成分がミネラルオイル、植物油、ミネラルオイルと植物油が混ざったものがあります。

 

ハーバリウムのオイルとして使用されるのは、ミネラルオイル(流動パラフィン)です。ですので、成分表示をみてミネラルオイルが主成分のものを選ぶとよいです。

 

植物性オイルがダメだというわけではありませんが、ミネラルオイルよりも劣化しやすくなっています。

 

◆洗濯のり

100均の洗濯のりも専用オイルの代用として使われることがあります。

 

ただし洗濯のりは、気泡ができて残りやすいドライフラワーと相性が悪い(色落ちする)というデメリットがあるので注意しましょう。

 

できるのであれば、ベビーオイルを選ぶことをオススメします。

 

ハーバリウムの専用オイル(液体)や代用品(ベビーオイルなど)を紹介!

 


スポンサーリンク

 

オール100均!ハーバリウムの作り方

ここでは、100均グッズを使った超簡単なハーバリウム作りを紹介しています。

 

材料

・花材

・瓶

・ベビーオイル

 

道具

・消毒用のアルコール

・割り箸(またはピンセット)

・ハサミ

 

ハーバリウムの材料や販売店(通販、店舗)を紹介!おしゃれなライトも!

 

手順

 

 

0.下準備として、コットンなどに消毒用アルコールを含ませ割りばしで挟み、瓶の内側を消毒・殺菌します。

 

 

 

1.花材を並べて仕上がりをイメージします。実際に花材を並べてみるのもオススメです。

 

 

このとき、容器に合わせて長すぎる花材はハサミでカットしておきましょう。

 

長さの微調整に関しては瓶に詰めるときで大丈夫です。

 

 

 

2.仕上がりの設計ができたら、下から順番に花材を詰めていきます。

 

 

 

指が届かない場合には、割りばしなどを使って入れていきましょう。

 

完成したときの正面を決めておくと、メインとなる花材の向きを明確にできます。

 

 

 

3.花材を入れ終えたら、ベビーオイルを加えてフタをし完成です。

 

ハーバリウムのキットセットを紹介!通販(Amazon、楽天)のオススメ品

 

ハーバリウムの簡単な作り方やコツを紹介!液体はベビーオイル、花は造花…

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

〇100均では、ハーバリウムに必要な材料が一通り手に入る

 

〇ハーバリウムの基本的な作り方は

瓶の殺菌・消毒→完成形をイメージする→花材を詰める→オイルを加えてフタをする

 

ハーバリウムの通販サイト(ラフ、アマゾンなど)や販売店、人気商品を紹介

 

【ハーバリウムの通信講座】オススメはこれ!!資格を通信で取得する!

 

「ハーバリウム」に関する記事のまとめはこちら

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です