【ドライフラワーの瓶詰め方法】おしゃれな瓶(北欧風、ハート型)なども紹介


スポンサーリンク

 

ドライフラワーをインテリアとして楽しみたいときには、透明なガラス瓶に詰めて飾る方法があります。

 

ドライフラワーの詰め方や、使用するお花の種類・大きさによって様々なアレンジができるのが魅力です。

 

また瓶に詰めて飾ることで、生花のように手間をかけずに空間を華やかに演出できるというメリットもあります。

 

本記事では、ドライフラワーの瓶詰め方法おしゃれな瓶を紹介しています。

 

ドライフラワーとガラス瓶があれば簡単に手作りできるので、お部屋の雰囲気を変えたいときにもオススメです。

 

瓶詰め方法

詰める前に

どのようなインテリアにするかにより、ドライフラワーの詰め方は変わってきます。

 

香りのインテリアとしてドライフラワーのポプリなどを詰めるときは、香りを引き立たせるためにも花びらを細かくバラしてから詰めるとよいです。

 

また、ポプリは香りを長持ちさせるために時おり混ぜ合わせることがあるので、配置を考えずランダムに詰めておけば充分です。

 

置くだけのインテリアとして作成するときは、いかにキレイに魅せるかがポイントとなります。

 

適当に詰めるのではなく、色合いのバランスなどを確認しながら、見栄えが良くなるように整えて詰めるのがよいでしょう。

 

花本来の美しさを強調するために、花を細かく切らずそのままの形で詰めるとよいでしょう

 

【ドライフラワーの花材】オススメの花や向く花の種類、花言葉、通販サイトを紹介!

 

詰め方

①詰める瓶の大きさに合わせてドライフラワーを選びます。

 

用意するドライフラワーは様々な種類・色合いを揃えておくと完成品の幅が広がります。

 

②花から不用な茎や葉を取り去り、瓶に入れやすいサイズに整えます。

 

③整えた花を、全体のバランスを見ながら瓶に詰めていきます。

 

ガラス面(外側)にお花を向かせることを意識しながら、配置していくとキレイに仕上がります。

 

正面を決めておくのもオススメです。

 

④花の分量を調整しながら、色やボリュームのバランスを整えましょう。

 

ポイント

◆花の大きさ

同じ大きさの花だけを揃えるか、大小混ぜて詰めるかでも表情が変わってきます。

 

特に、小さな花の中に大きめの花を数個混ぜるとアクセントとなり引き立ちます。

 

◆色合い

同じ色合い(同系色)でまとめると、馴染みが良く落ち着いた雰囲気になります。

 

一方で、様々な色の花を混ぜると、華やかな雰囲気になります。

 

また、茶系や濃い赤、紫などの花で作るとシックでエレガントな雰囲気に、オレンジやピンクなどの明るい色の花で作るとポップでかわいらしい雰囲気になります。

 

◆季節感

同じ季節に咲く花同士で詰め合わせるのも面白いです。

 

◆ドライフラワー以外にも

松かさやどんぐりなども木の実を入れることで、温かい雰囲気を作ることができます。

 

オレンジスライスやシナモンスティックなどのスパイス類をポイント使いすることで、シャープな雰囲気に仕上げることができます。

 


スポンサーリンク

 

オイル(液体)を入れてハーバリウム風に

ドライフラワーを瓶に入れて飾るだけでもよいのですが、 オイルを入れて飾ることでハーバリウムとして楽しむこともできます。

 

【ハーバリウムの通信講座】オススメはこれ!!資格を通信で取得する!

 

【ハーバリウムの簡単な作り方やコツ】液体はベビーオイル、花は造花…

 


スポンサーリンク

 

オシャレな瓶

北欧デザイン

 

形がかわいらしいイケアのスパイス瓶は、ドライフラワーを入れる瓶としても使えます。

 

瓶の開け口が大きいので、ドライフラワーを詰めるときに手先の出し入れがしやすいです。

 

また、大きな花もスッポリと入れられるので、バラなどをそのまま入れたいという場合でも丁度いいサイズです。

 

この瓶の特徴として、縦置きと斜め置きの2種類ができます。

 

縦置きで作ったものを斜め置きにしてディスプレイすると、バランスに動きが出るのでセンス良く仕上がります。

 

また、瓶のキャップを取り外すとドライフラワーがよく見えるように飾ることもできます。

 

北欧雑貨らしくシンプルながらもおしゃれ感があり、フレキシブルな使い方のできるオススメのガラス瓶です。

 

 

ジャム瓶

 

このジャム瓶は、バケツのように上部が広がった形の容器です。

 

キャップ口が広いため、ドライフラワーの出し入れや手先を入れた作業をしやすくなっています。

 

また、380㎖と大きめの容量なので、たっぷりとお花を詰めたいときに便利です。

 

底に豆や小さな木の実などを敷いてからドライフラワーを詰めると、重量感のある仕上がりになりますよ。

 

 

スクエア型瓶

 

縦置きだけでなく横置きでもディスプレイできることが特徴です。

 

横置きすると水槽のように見せることができるので、アレンジの幅が広がります。

 

 

スクエア型瓶にドライフラワーを詰めるときは、見せる角度を意識しながらお花などを配置しましょう。

 

側面ごとに色合いや花の種類を変えると、置いた向きによって違った雰囲気を楽しむことができます。

 

 

 

ハート型瓶

 

印象的なハート型の瓶には、ドライフラワーがよく似合います。

 

適当にドライフラワーを詰めるだけで、雰囲気のある仕上がりになるでしょう。

 

ただし、瓶がそれほど大きくなく開け口も小ぶりなので、少し詰めにくいのが難点です。

 

 

中に詰めるドライフラワーは、紫陽花やミモザ、ラベンダーなど花びらが小さくて色がキレイなものがオススメです。

 

また、千日紅やボタンフラワーなど丸くてカラフルな花を入れるとポップな仕上がりになります。

 

 

 

【ドライフラワーとは】種類や意味、作り方、寿命、虫除け方法などを紹介!

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。