【ドライフラワーブーケ(花束)】通販品や手作り方法、飾り方、保存方法などを紹介


スポンサーリンク

 

本記事では、ドライフラワーブーケの簡単な作り方飾り方保存方法ブーケをドライフラワーにしてくれるサービス素敵な通販品を紹介しています。

 

ドライフラワーブーケの手作り方法

材料

◆ドライフラワー

 

千日紅

 

作りたいブーケのイメージに合わせて、ドライフラワーを選びます。

 

ブーケを作るときは、派手な色の花個性的な形状の草花を選ぶなど、生花を使用するときよりもやや大胆な花をオススメします。

 

ドライフラワーは、生花と比べると薄味で色あせたような色調であるため、落ち着いた色を選びすぎると地味で単調なブーケに見えてしまうこともあるからです。

 

逆に上手く仕上げると、アンティークで上品な華やかさを出すことができます。

 

例として、バラ千日紅(センニチコウ)を使うと、赤や黄などの明るい色が映えるのでキレイです。

 

他にも、バンクシアラグラスなどを使うと、面白く仕上がります。

 

バンクシア

 

ラグラス

 

【ドライフラワーの花材】オススメの花や向く花の種類、花言葉、通販サイトを紹介!

 

◆リボン

 

 

ブーケが映えるようなリボンをご用意ください。

 

リボンで結ぶと可愛らしく装飾できるだけでなく、花束を束ねたテープを隠すことができるメリットがあります。

 

リボンの結び方は、シンプルに蝶々結びをする他にも、フラワー型やボンボン型など様々なスタイルがあります。

 

リボンは花束の根本にぐるぐると巻き付ける他、結んだ後に長く垂らしてもエレガントな仕上がりになります。

 

同系色で2~3種類のリボンを掛け合わせて結ぶと、遊び心のあるアレンジとなります。

 

◆ブーケホルダー

 

ウェディングシーンで見かける 丸みのあるのラウンドブーケを作るときは、ブーケホルダーがあると作りやすいです。

 

ブーケホルダーは一般的に生花のブーケを作るときに使いますが、ドライフラワーのアレンジに使うこともできます。

 

オアシス型のブーケホルダーを使うときには、ドライフラワーにワイヤリングをしておきましょう。

 

ボール状のホルダーにワイヤリングした茎を差し込むだけで、簡単にラウンドブーケを作ることができます。

 

ワイヤー製やビーズ製のブーケホルダーは、ブーケを豪華に見せるための装飾用として使うことができます。

 

出典:はなどんや ワイヤーブーケホルダー

 

出典:ゴールドビーズブーケ

 

道具

◆フローラテープ

 

 

花束をひとつに束ねるときは、フローラテープを使うと便利です。

 

クラッチブーケという、手でギュッとつかんだように無造作に束ねるブーケを作るときは重宝します。

 

フローラテープは、フラワーアレンジメントでよく使われるテープです。

 

特徴として、粘着力がとても強いこと、両面とも粘着すること、伸びがよく切れにくいことが挙げられます。

 

麻ヒモや輪ゴムでもドライフラワーを束ねることはできますが、花束の形状が崩れやすいという欠点があります。

 

ブーケ独特のふんわりと丸みのある形をキープするには、フローラテープを使って束ねるのがオススメです。

 

フローラテープは引っ張ることで粘着性が出てきます。

 

ですので、使うときはテープを引っ張って伸ばしながら、花束などに貼り付けていくことになります。

 

フローラテープは、クラフトショップや花材屋さんのほか、100円ショップでも買うことができます。

 

◆その他の道具

他に揃える道具は、フラワーアレンジ用のハサミがあれば充分です。

 

リボンが取れないように接着するときは、木工用ボンドなどの接着剤を用意します。

 

ドライフラワーにワイヤリングをする場合は、ワイヤーマスキングテープを用意してください。

 

作り方

◆簡単な作り方

 

初めてでも簡単に作れるクラッチブーケの作り方を紹介します。

 

①ドライフラワーの長さを切り揃えます。

 

全部を同じ丈に切るよりは、だいたいの長さを揃える程度でランダムに切ったほうが自然な仕上がりになります。

 

 

②ブーケの頂点に見せるお花を一本持ち、その周りに同心円状に他のお花を足していきます。

 

 

③花束が仕上がったらフローラテープなどで軽く仮止めをし、隙間やボリューム加減、色のバランスなどを確認します。

 

 

④全体のバランスを整えたら、フローラテープを伸ばしながらグルグルと巻いて束ねます。

 

 

⑤茎の根本部分を、きれいに切り揃えます。

 

 

⑥リボンなどを巻き装飾して完成です。

 

◆うまく作るコツ

お花を外向きにして、斜めに傾けながら挿していくと丸みのある仕上がりになります。

 

美しい半球になるよう仕上げるには、花束をクルクルと回すようにしてお花を足していくのがコツです。

 

作っている途中で、花束を遠ざけて眺めながら、形状や色合いのバランスを確認しましょう。

 

 

ドライフラワーならではの装飾として、お花にラメをのせるという方法があります。

 

ラメ感の強いマニキュアを使い、花びらの縁などに塗っていくのがオススメです。

 

 

飾り方

基本的に手に持つよう作られているブーケですが、お部屋のインテリアとして飾ることもできます。

 

ドライフラワーブーケは、水気がなく、丈夫で傷みにくいので、そのまま棚の上などに横たえて飾っても大丈夫です。

 

ブーケスタンドを使って自立させると、手に持ったときと近い魅せ方で飾ることができます。

 

バスケットなど カゴの中にブーケを入れて飾ると、摘み立てのお花のように見えてキレイです。

 

保存方法

ドライフラワーは水やりなどのお世話が要らず、長い間、壁や机に飾り続けることができます。

 

生花のように神経質になる必要はありませんが、長く保管したいときには直射日光や高温多湿を避けるのがいいでしょう。

 

西日が強く当たる窓辺に置いておくと、お花が乾燥して縮み上がり、パラパラに砕けてしまうことがあります。

 

また、箱に入れて物置などに保管するときには、虫食いを防ぐために防虫剤を入れておくと安心です。

 

ドライフラワー用の防虫剤は、花材店などで手に入れることができます。

 


スポンサーリンク

 

結婚式・ウェディングブーケのまま保存

 

シンフラワーでは、ウェディングブーケや結婚式の花束を美しいまま保存するサービスを行っています。

 

思い出の詰まったブーケを長く保存できるだけでなく、インテリアとして飾れるのが魅力です。

 

加工方法は、お花を特殊な処理で乾燥させてから、ガラスボトルや額の中に封じ込めます。

 

ドーム型のボトルにブーケの一部を詰めたり、大きなガラスの筒にブーケ全体を詰めるなど、いろいろなスタイルを選ぶことができます。

 

額縁に入れるスタイルでは、まるで絵画のように花を敷き詰めるほか、ブーケの形を残して立体的に詰めることもできます。

 

すべて手作業で行っており、丁寧な仕上がりには満足する声が多いです。

 

少し値段は張りますが、大切な記念日の瞬間をそのまま保存できる、世界でひとつだけのインテリアとして価値が高いです。

 

シンフラワー

 

通販で購入できるドライフラワーブーケ

ミニブーケ

八ケ岳の花材で作られたドライフラワーのミニブーケです。

 

写真のブーケをイメージであり、実際の仕上がりは完全にお任せになります。

 

色やお花の種類も届いてからのお楽しみなので、届くまでが待ち遠しいミニブーケです。

 

インテリア

 

 

人気のドライフラワー3種類を束ねたドライフラワーブーケです。

 

シンプルなおしゃれ感が北欧系のインテリアともよく合います。

 

ピンクの千日紅と淡い紫のミスティーブルーをユーカリで優しく包み込み、大きめのリボンで束ねられています。

 

インテリアとして楽しんだ後は、クラフト用の花材として再利用することができます。

 

プレゼント

 

 

こちらのドライフラワーブーケは、両手で持っても見栄えがするほどボリューム感たっぷりの大きさです。

 

ドライフラワーの持つアンティークな質感を活かしながら、より鮮やかに見えるように着色されています。

 

パッと目を引くような華やかさがあるので、誕生日のプレゼントなどにもピッタリです。

 

ドライフラワーブーケは5色のタイプがありそれぞれ雰囲気が異なるので、贈る人のイメージに合わせて選ぶとよいでしょう。

 


スポンサーリンク

 

販売店

東京・Tida Flower

表参道にあるTida Flowerでは、カラフルなドライフラワーブーケが取り揃えられています。

 

無着色の自然な風合いを活かしたドライフラワーを使っており、ガーリーでノスタルジック感が溢れる仕上がりです。

 

ドライフラワー専門店なので、様々なお花を使ったアレンジから選ぶことができます。

 

ドライフラワーの一部は長野県の契約農家から仕入れており、1本1本の美しいお花が魅力です。

 

Tida Flower

 

大阪・botanical works

botanical worksでは、ウェディング用のドライフラワーブーケを完全オーダーメイドで作製しています。

 

ブーケは、ふんわりと無造作に束ねたクラッチブーケと、リング状に束ねたリースブーケの2種類から選ぶことができます。

 

ブーケは2万円前後からと手頃な価格でオーダーすることができます。

 

また、花冠やコームを一緒にオーダーメイドできるなど、ドライフラワーを使ったウェディングコーディネートが楽しめると人気です。

 

オーナー方が一人で作製を行っているため、高槻市にある店舗は完全予約制となっています。

 

botanical works

 

名古屋・ゴールデンチャイルドガーデン

ゴールデンチャイルドガーデンでは、どきどきわくわくするようなフラワーギフトを提案するフラワーショップです。

 

テレビでも頻繁に取り上げられており、名古屋でとても人気のあるお店です。

 

このお店のドライフラワーブーケは、バラエティに富んだ品揃えが魅力です。

 

カスミ草だけで作った可憐なブーケや、深紅のバラをポイント使いしたアンティーク調のブーケ、小花を散りばめた可愛らしいブーケなど、雰囲気の違うブーケを多数取り揃えられています。

 

ゴールデンチャイルドガーデン

 

まとめ

 

◆材料

・ドライフラワー

・リボン

・ブーケホルダー(飾るとき用)

 

◆道具

・フローラテープ(または麻ヒモ、輪ゴム)

・木工用ボンド

・ワイヤー(必要があれば)

・マスキングテープ(必要があれば)

 

◆飾り方

・ブーケホルダーを使用する

・そのまま置く

・壁に吊るす

 

◆作り方

①花の長さを整える

②頂点を決め同心円状に重ねていく

③テープで仮止めして全体のバランスを調整

④テープを巻いてしっかり束ねる

⑤茎の部分の長さを整える

⑥リボンなどで装飾する

 

◆保存方法

・直射日光や高温多湿を避ける

・保管する場合は防虫剤も一緒に入れる

 

【ドライフラワーとは】種類や意味、作り方、寿命、虫除け方法などを紹介!

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です