【ドライフラワーの花材】オススメの花や向く花の種類、花言葉、通販サイトを紹介!


スポンサーリンク

 

ドライフラワーに向く花

向く花

◆水分量の少ないお花

水分量の少ないお花は、早く乾燥するので、ドライフラワー作りに適しています。そして、水分をじわじわと抜くよりは、乾燥を早く進めたほうが、鮮やかな色のドライフラワーを作りやすいというメリットもあります。水分が少ないお花とは、たとえば、千日紅やスターチス、かすみ草などです。ノゲイトウやエキノプスなども、もともと乾いているような質感なので、ドライフラワーにしやすいお花です。迷ったときは、手で触ったときに、ふさふさ、カサカサしたような感触のお花を選んでみましょう。

 

◆花びらの枚数が多い

花びらの枚数が多いお花は、乾燥させても、お花のかたちが崩れにくいので、ドライフラワーに向いています。一般的に、お花を乾燥させると、丸まったティッシュのようにくしゃっと縮んでしまいます。しかし、花びらの枚数が多いと、ドライフラワーに仕上げた後も、生花のときのボリュームを保ちやすく貧相に見えません。さらに、乾燥途中で、花びらが少々落ちても、見た目が悪くなりにくいというメリットがあります。たとえば、バラなどは、何枚もの花びらが幾重にも重なっているので、ドライフラワーにしやすいお花です。

 

◆変色しにくい

発色のきれいなドライフラワーを作るには、変色しにくいお花を選ぶ必要があります。お花の種類によっては、乾燥して水分が抜けると、色が落ちてしまい、枯れ葉のような色に変色してしまいます。生花に近い色合いを残したいときは、乾燥させた後も、できるだけ変色しにくいお花を使いましょう。たとえば、バラや千日紅などは、乾燥させても、赤やピンクなどの色が残りやすいので、ドライフラワーに向いています。

 

◆お花が小さいもの

かすみ草などのお花の小さいものは、乾燥しても形状が崩れにくく、ドライフラワーにしやすいお花です。お花が小さい分、自然乾燥でも、早く出来上がります。ひとつの茎にたくさんのお花が付いているので、乾燥途中で少しぐらいお花が落ちても、気にならないというメリットもあります。たとえば、ラベンダーやミモザなどは、生花のように濃い色合いを保ったまま、ドライフラワーに仕上げることができるので人気があります。

 

向かない花

◆水分量が多いお花

水分が多く含まれているお花は、自然乾燥させると、お花が縮んでボリュームダウンします。乾かし方によっては、お花がクシャクシャに縮み込んでしまい、見ためが悪い出来映えとなります。たとえば、チューリップや水仙などは、水分が多く含まれているので、ドライフラワーにしにくいお花です。

 

◆花びらが薄い花

花びらが薄いお花は、ドライフラワーに仕上げにくいです。乾燥すると、花びらがチリチリに縮れてしまい、干からびたような見た目になりがちです。たとえば、キクやコスモスなどは、花びらが薄いため、ドライフラワーにはあまり向いていません。同じく桜も、ドライフラワーにしたとき、生花のときの可憐な姿を残しにくいお花です。

 

◆変色が激しい花

乾燥させた後、変色が激しいお花は、ドライフラワー作りに向いていません。ドライフラワーにすると、きれいな色が残らず、茶色や黒っぽい色に変色してしまうお花があります。たとえば、パンジーやガーベラは、生花のときには、ぱっと目を引くような鮮やかさが持ち味です。一方、自然乾燥させると、生花のときの美しい発色が残らず、色あせて暗い色に変色してしまいます。また、ガーベラには、乾かすと、花びらが落ちやすいという欠点もあります。

 

種類

◆ラベンダー

お家で手軽にドライフラワーにできるお花として、ラベンダーがあります。お花が小粒なので、お部屋で自然乾燥させる方法でも、乾きが早いです。ハンギングなどで乾かしているときから、とてもいい香りが漂うので、作成段階から楽しむことができます。ラベンダーのドライフラワーは、見た目だけでなく、芳香用として活用することができます。花束を飾ったり、お花をバラしてポプリやサシェなどにして、香りを楽しんでみましょう。また、お花をハーブティーにしたり、クッキーなどに混ぜて食べることもできます。

 

◆ミモザ

ミモザもお花が小粒なので、自然乾燥しやすいお花です。一枝にたくさんのお花がついているので、ハンギング時に少々お花が落ちてしまっても、ふんわりとした見た目を保てます。そして、ドライフラワーにしても、きれいな発色が残りやすいお花です。ふわふわとした黄色い小花が、ボリュームたっぷりに付いている姿は、まるで春の草原を思わせるような優しい雰囲気です。ミモザを使うと、華やかで愛らしいアレンジに仕上がるので、ブーケやリース作りに欠かせないお花です。

 

◆千日紅

水分量の少ない千日紅は、乾燥させやすいので、初心者でも扱いやすいお花です。千日紅をドライフラワーにするときは、あらかじめ茎を短めに切っておくと、速く乾燥させることができます。千日紅の鮮やかな色を残したいときは、額から数センチのところで茎を切り、ワイヤリングしてから逆さ吊りで乾かす方法があります。千日紅のドライフラワーは、コロンとしたキャンディーのような形が可愛らしく、ガラス瓶やバスケットに詰めるだけでも、おしゃれなアレンジに仕上がります。

 


スポンサーリンク

 

おすすめの花材と花言葉

バラ

◆花言葉

バラの花言葉は、バラエティに富んでいます。バラの色や大きさのほか、花やつぼみなどの状態、贈るバラの本数などにより、それぞれ違う花言葉が当てられます。たとえば、バラの色別では、赤いバラには愛情や情熱、ピンクのバラには上品や優しさ、オレンジのバラには信頼などの花言葉があります。一方、黄色のバラには友情のほか、愛が冷める、恋に飽きるなど、別れをイメージする花言葉が含まれています。

 

◆バラとドライフラワー

バラは、最も手軽にドライフラワーにできるお花です。花屋さんで一年中手に入るバラは、花束としてプレゼントされることもあり、ドライフラワーにする機会が多いお花です。バラは、色の種類が豊富で、形状がとても美しいお花です。そして、花びらが幾重にも重なった形をしているので、乾いた後もつぶれにくく、ボリュームのある仕上がりになります。自然乾燥させても、色合いを残しやすく、赤や黄色などのカラフルなドライフラワーに仕上げることができます。なお、深紅のバラは、水分が抜けると、濃い焦茶色に変色しがちなので注意しましょう。

 

紫陽花

◆花言葉

紫陽花も、花の色により、あてはまる花言葉が変化するお花です。まず、一般的な紫陽花の花言葉は、移り気です。これは、咲き始めから散るまでの間、刻々とお花の色が変わるところから連想されたものです。そして、青色や青紫色の紫陽花には冷淡や高慢、ピンクや赤紫色の紫陽花には元気な女性という花言葉が当てられています。

◆紫陽花とドライフラワー

ドームのように丸くお花が付く紫陽花は、ドライフラワーにするとボリューム感のある仕上がりとなります。ゴージャスな見た目ながら、簡単に作成できるので、お庭に紫陽花が咲いている人はぜひチャレンジしてみましょう。ドライフラワーにする紫陽花は、収穫するタイミングが大切です。水分が多い梅雨時期に切り取ると、乾燥に時間がかかり、古ぼけたような印象のドライフラワーになってしまいます。真夏になる直前、晴れた日が続いている時期に、花の盛りを過ぎつつあるタイミングで収穫しましょう。乾燥方法は、お花を逆さにしてハンギングするほか、お水を入れない花瓶に挿して、じわじわと乾かす方法があります。

 

ユーカリ

◆花言葉

ユーカリの花言葉は、思い出や慰め、記念などです。葉の風合いそのままに、優しいイメージの花言葉となっています。

 

◆ユーカリとドライフラワー

ユーカリは、フレッシュな状態よりも、ドライフラワーにしたときの方が、趣きのある風合いになります。ユーカリは、生では柔らかい緑色の葉ですが、乾燥させることで、葉枝の曲線が美しい、シルバー感のある濃い緑色に変わります。ブーケなどで色味のあるお花と組み合わせると、お互いが引き立つので効果的です。とくに、シックな雰囲気のある葉なので、北欧風のスワッグ作りなどにも重宝します。ちなみに、ユーカリには、清涼感のある独特の香りがあり、お部屋に飾ると清々しい香りを楽しむことができます。

 

チューリップ

◆花言葉

チューリップも、色や品種などにより、あてはまる花言葉が違います。一般的なチューリップの花言葉は、思いやりです。色別では、赤色は愛の告白、黄色は名声や望みのない恋、白色は失われた愛、紫色では不滅の愛などという花言葉になります。

 

◆チューリップとドライフラワー

一般的には、チューリップは水分量が多く、ドライフラワーに適さないお花とされます。自然乾燥で作るときには、乾きにくく、花びらが落ちやすいというデメリットがあります。ちなみに、満開に開いてからでなく、九分咲きなどの咲き立てのチューリップを使うと、花びらが落ちにくいです。また、形がつぶれやすいというネックもあります。たとえば、八重咲きチューリップのような、花びらの枚数が多いものを使うと、ぺしゃんこになりにくいです。

 


スポンサーリンク

 

その他の花材(花以外)

木の枝やつるなどのドライフラワーは、クラフト用として活躍の場が多いです。枝やつるは、ブーケやスワッグなどに使うと、メリハリの効いたアレンジとなります。また、リースの土台としてもよく使われます。よく見られるのが、かずらなどのツルや、ツツジやヤシャブシなどの枝です。とくに、ツツジの枝などは、白塗りやラメを効かせたものがあり、ブーケなどを豪華に見せるのに役立ちます。

 

ドライフラワーの実もので人気なのが、ペッパーベリーです。枝に付いたままのペッパーベリーは、スワッグやリースなどに加工しやすいです。真っ赤なペッパーベリーは、彩りが良く、クリスマスリースなどに添えると華やかになります。また、コットンやハスのドライフラワーも、個性的なアレンジを作りたいときに便利です。松かさやスターアニスなどは、形が可愛らしいので、リースなどにポイント使いすると効果的です。

 

雑草

道ばたに咲いているような雑草も、ドライフラワーにして楽しむことができます。お薦めなのが、吾亦紅です。赤紫色のふわふわした吾亦紅のお花は、ドライフラワーにすると、シックな焦茶色に変わります。穂のようなかたちが目を引くので、ブーケなどに含めると、立体的なアレンジに仕上げることができます。また、ありふれた雑草の中では、ニワホコリなどをドライフラワーにするのも面白いでしょう。歩道の脇などに生えているメジャーな雑草ですが、乾燥させると、ふさふさとした質感が活きてきます。ブーケなどに、ふわっと柔らかいボリュームを加えたいときに便利です。

 

通販(販売店・卸)

はなどんやアソシエ

はなどんやアソシエは、生花や花材を中心に取り扱う、日本最大級のお花の通販サイトです。運営会社は、東京中央卸売市場の生花仲卸なので、新鮮なお花や専門的な花材などの品揃えが豊富です。業者以外の一般の人でも買うことができ、サイト上に掲載されていない花材などを取り寄せることもできます。もちろんドライフラワーの品揃えも、多種類に富んでおり、比較的廉価で購入することができます。通常、卸売店でしか手に入らないような、個性的で面白いドライフラワーなどが手に入るのも魅力です。クラフト作りに役立つ、リースやオアシスなどの資材や、グルーガンなどの道具なども販売しています。

 

Lemon Grass

Lemon Grassは、大阪府枚方市にある、ドライフラワーの花材を販売しているお店です。クラフト用のドライフラワーを扱い、大ぶりなバラや、ヘッド部分だけのアジサイなど、加工しやすいお花を中心に取り揃えています。お店の通販サイトでは、お花の種類別の項目のほか、お花の色別の項目も用意されています。そのため、ブーケやリースなどを作るときに、イメージに応じた色合いで、お花を探すことができて便利です。また、木の実などのドライフラワーも、種類が豊富で充実しています。まさにクラフトに使いたくなるような、可愛らしい見た目の、木の実や葉が多数揃っています。なお、こちらでは、インターネットレッスンによる、ドライフラワーアレンジの通信講座を開講しています。1回のレッスンにつき、100枚前後の写真でアレンジ方法が解説されるので、出来上がりがイメージしやすいと好評です。

 

Amazon

Amazonでは、さまざまなお店から、ドライフラワーの花材が販売されています。ナチュラルな風合いのものから、着色されたビビッドな色合いのものまで、多種多様なドライフラワーを探すことができるので便利です。スワッグやリースに使うときは自然色に近いもの、ハーバリウムに使うときは着色したものなど、クラフトに応じて、花材を選ぶことができます。色々なものを取り扱う総合サイトなので、花材だけでなく、ガラス瓶やワイヤーなどの資材や道具なども、一緒に探すことができます。花材という縛りにとらわれず、バスケットや額縁など、クラフトに役立つ全てのものを購入できるのが、Amazonの魅力です。

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。