【ドライフラワーリップの手作り方法】人気のグロスやバームも紹介


スポンサーリンク

 

本記事では、ドライフラワーリップの手作り方法や、人気のドライフラワーリップを紹介しています。

 

ドライフラワーリップの作り方

 

出典:VIJINCOSME♡大須店‏

 

用意する材料と道具

◆材料

  • ベースとなる固形リップ
  • リップクリームを入れるケース
  • ドライフラワー

 

◆必要な道具

  • ドライヤー
  • スパチュラまたはティースプーン
  • ピンセット
  • 紙コップなどの容器
  • 消毒用のアルコール

 

 

リップクリームを入れるケース

リップケースは、口紅を使い切った後の入れ物を再利用すれば充分です。

 

リップケースの真ん中に芯が立っている型は、ドライフラワーを入れにくいので避けてください。

 

再利用するリップケースは、衛生面を考えてアルコール消毒しておきましょう。

 

また、リップケースは持ち手を回して、底部を一番下まで下げておいてください。

 

リップケースがない場合は、100均などでも売られているクリームケースを使用しても大丈夫です。

AngelaKerry クリームケース 詰め替え容器

 

紙コップなどの容器

容器は注ぎ口を細くできるものが使いやすいです。

 

注ぎ口が細いことで、液体にしたリップをリップケースに入れやすくなるためです。

 

特に紙コップは、ふちを折って自由に注ぎ口を作ることができ、安くて使いやすいのでオススメです。

 

100均などで売っている、注ぎ口のついたプラスチックカップなども使いやすいです。

 

ベースのリップ

ベースとなる固形リップは、無色透明のものを使うとキレイに仕上がります。

 

薄く色を付けたい場合は、透明リップをベースに、ごく少量の口紅を混ぜて作ってもいいでしょう。

 

手作り用キットとして売られているリップの材料には、ミツロウやシアバターなどがよく使われています。

 

ミツロウなどには保湿効果があるため、リップクリームを作るには適しています。一方で透明度が低いので、ドライフラワーリップを作るのには適していません。

 

そのため、市販の透明リップを溶かして使うほうが簡単です。

 

たとえば、キャンメイクのユアリップオンリーバームは、透明度が高くオススメです。

キャンメイク ユアリップオンリーバーム

 

唇の水分に反応して透明からピンク色に変色するリップなので、人気のカイリジュメイと似たリップを作ることができます。

 

 

ドライフラワー

ドライフラワーは、小さめのものを選びましょう。

 

例えば、レジンというクラフトで用いるドライフラワーは、小さめで色味の綺麗なものが多く揃っています。

ミニ かすみ草 ドライフラワー 

 

ドライフラワーは、あらかじめリップケースに収まる大きさに茎を切るなどして整えておきましょう。

 

ドライフラワーを容器に入れるとき失敗する可能性もあるので、2~3個ほど多めに用意しておいてもよいかもしれません。

 

ドライフラワーリップの作り方

リップつくりを行う前に、使用する道具を消毒用のアルコールを使って拭き、清潔にしておきましょう。

 

①ベースとなるリップクリームをスパチュラなどで取り出し、紙コップなどの容器に移します。

衛生面を考えて、リップクリームを手で直接触るのは避けましょう。

 

 

②容器に移したリップクリームを、ドライヤーの熱風を当てて柔らかくします。

 

 

③柔らかくなってきたら、スパチュラでつぶしてよく溶かします。

 

 

④リップクリームが液状になってきたら、用意したリップケースの中に少量だけ流し込みます。

リップクリームが固まるまで時間を置きます。

 

 

⑤ピンセットでドライフラワーを掴み、リップケースの中に差し込みます。

置くのではなく、突き刺すようにドライフラワーを入れると倒れにくいです。

 

⑥残りのリップクリームをリップケースの上部まで注ぎ込み、冷蔵庫などでよく冷やして固めると完成です。

 

【ドライフラワーの花材】オススメの花や向く花の種類、花言葉、通販サイトを紹介!

 


スポンサーリンク

 

手作りドライフラワーリップの動画

 

 

 

手作りの魅力と欠点

手作りのドライフラワーリップでは、自由にドライフラワーを選べるのが魅力です。

 

自分の好きな花や誕生花、思い出の花束をドライフラワーにしたものなどで作ると、持っているだけでテンションが上がるようなリップが出来上がります。

 

一方で、手作りのドラフラワーリップは、市販品と比較して透明度が低くなりやすかったり、作る途中で気泡が入ってしまうこともあります。

 

また、作るときの衛生面に気を付けることも重要になります。

 


スポンサーリンク

 

人気のドライフラワーリップ

kailijumei(カイリジュメイ)

kailijumei Lovely+ 

 

カイリジュメイのフラワーリップは、透明なリップの中にドライフラワーを閉じ込めたインパクトのあるコスメです。

 

金箔がきらめくリップの中には、本物の小さなドライフラワー含まれています。

 

見た目がとても可愛らしいので、インスタ映えするコスメとして人気があります。

 

カイリジュメイ・ラブリープラスは、日本人向けに、香りをマイルドに抑えてあります。

 

また、原材料についても、天然成分以外の成分はできるだけ日本メーカーのものを用いて肌への刺激を和らげています。

 

主成分となるオイルでは、オーストラリア産のホホバオイルやスペイン産のオリーブオイルなど、品質の高いものを使用しており安心です。

 

見た目の可愛らしさだけでなく、日本向けに品質を高めたリップなので、プレゼントとして贈るにもピッタリです。

 

さらに、唇の温度や水分に応じて発色して唇をほのかに染めるという特徴もあります。

 

リップそのものは透明なので、コップなどにリップ跡が残りません。

 

水分に強く色持ちがいいので、仕事にもプライベートにも重宝するリップです。

 

 

kailijumei magic color lip

kailijumei magic color lip

 

カイリジュメイ・マジックカラーリップは、ゴールドケースに入った日本限定モデルです。

 

人気商品のため、「CanCam」などの女性誌や、「ヒルナンデス」などのテレビ番組でも紹介されました。

 

透明なリップの中に入っているドライフラワーは、赤、ピンク、紫、オレンジの4色があり、金箔が散りばめられています。

 

色の違いはありますがどれも発色は同じで、体温や唇のPhによって色が変化します。

 

そのため、リップを付ける人それぞれによって発色が変わってくるだけでなく、同じ人でも時間によって色が変化するという面白さがあります。

 

リップの見た目が華やかなのはもちろん、ゴールドにきらめくリップケースも、ゴージャスで気分が上がります。

 

日本市場向け商品なので、カイリジュメイ・ラブリープラスと同じく原材料にこだわって製造されています。

 

厳選されたホホバオイルやラベンダーオイルを使用しており、甘いベリー系の香りが心地良いです。

 

 

【ドライフラワーとは】種類や意味、作り方、寿命、虫除け方法などを紹介!

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です