【ドライフラワーをプレゼント】込められる意味や通販で買えるギフトを紹介!


スポンサーリンク

 

「ドライフラワーってプレゼントしても大丈夫?」「失礼になりそう…」と思っていませんか?

 

生花のようなフレッシュ感がないと思われがちですが、実際はプレゼントとして送っても問題ない素敵なお花です。

 

本記事では、ドライフラワーをプレゼントする際の意味や、素敵な通販ギフトを紹介しています。

 

プレゼントにドライフラワーを!

意味

◆プレゼントとして

ドライフラワーは扱いが楽なため、プレゼントとしてもらっても扱いやすいお花です。

 

日持ちがしない生花は贈る直前にお花を買う必要がありますが、長持ちするドライフラワーは早めに買って用意しておくことができます。

 

また、生花は持ち歩くときの状態や温度により、散ったり劣化したりすることがありますが、ドライフラワーは少々雑に扱っても、劣化することがほぼありません。

 

ドライフラワーは、そのお花が一番きれいに咲いた状態で乾燥させて作られます。

 

そのため、満開に咲いた状態のお花をプレゼントすることができます。

 

贈られた人にとっても、水切りや生け花などの手間がかからないので、そのまま飾るだけでインテリアとして活用できるところが魅力です。

 

◆縁起が良い?良くない?

ドライフラワーは国の文化や考え方によって、縁起が良いとも良くないともされるお花です。

 

例えば、風水の考え方ではドライフラワーは運気を下げるものとみなされ、あまり好まれません。

 

反対に欧米などの国では、ドライフラワーは永遠の命を持つお花と考え、縁起が良いものだと捉えています。

 

また、国によってはドライフラワー自体に花言葉がある場合もあります。

 

例として、フランスでは永遠愛情など、イギリスでは終わらない追想という花言葉が当てられます。

 

これらの花言葉も分かるように、欧米などではドライフラワーに対して、良いイメージを持っている方が多いです。

 

◆飾りにくい?

ドライフラワーはお部屋に飾りにくいので、プレゼントに不向きだと考える方もいます。

 

しかしドライフラワーは、冬の長い北欧などで育まれてきた室内装飾用のお花の一種です。

 

ヨーロッパでは、ドライフラワーを生活の一部として気軽にインテリアに取り入れています。

 

日本でも、ドライフラワーをインテリアとして活用することが、以前よりポピュラーになってきました。

 

人気があるフレンチアンティークなお部屋作りにドライフラワーは欠かせないアイテムです。

 

アンティーク好きな方には、フレンチクラシックな雑貨やアンティーク家具を引き立ててくれるお花として、ドライフラワーは人気があります。

 

贈る相手によっては、ドライフラワーは生花よりもお部屋に合うインテリアとして喜ばれるでしょう。

 

◆生花より見劣りする?

ドライフラワーは、生花よりも見劣りするイメージが持たれがちです。

 

そのため、人生の大きなイベントや大切な人へのプレゼントとして、ドライフラワーを贈ることを避けてしまう方もいるでしょう。

 

しかし最近では、特殊な乾燥方法や彩色など加工技術が発達しており、まるで生花のような見た目のドライフラワーも販売されています。

 

自宅で自然乾燥したドライフラワーと違い、お店で売っているドライフラワーは大ぶりで発色のきれいなものが多く、生花と比べても全く遜色ありません。

 

一瞬の輝きを楽しむ生花か、長くお花を楽しむドライフラワーか、贈る用途などに応じて選んでみてもいいでしょう。

 

花粉症の方にお花を贈るときは、生花よりもドライフラワーのほうが喜ばれます。

 

失礼になる?

◆風水では好まれない

風水では、ドライフラワーは死んだ花と捉え、運気を下げるものと考えられます。

 

そのため、風水に凝っている人に対しては、ドライフラワーをプレゼントすることは避けたほうがよいでしょう。

 

風水では、生花や観葉植物などの生きている植物は、運気を上げるものとして重宝がられます。

 

一方、歴史が浅いプリザーブドフラワーは、ドライフラワーよりは運気を下げないとも考えられています。

 

風水好きの方に長持ちするお花を贈りたいときは、観葉植物やプリザーブドフラワーがよいでしょう。

 

◆お墓に供えるお花

ヨーロッパでは昔、ドライフラワーをお墓に供えるという風習がありました。

 

そのため、ドライフラワーをプレゼントすると失礼に当たるのではないかと心配になる方もいらっしゃいます。

 

しかし、お墓に供えるお花だからといって、不吉なお花だということではありません。

 

ヨーロッパでは、決して忌み嫌われるお花ではなく、故人への感謝や愛情などを表すお花というイメージです。

 

長く咲き続けるドライフラワーは永遠の愛情を連想させるものとして、欧米ではウェディングブーケに使われることがあります。

 

また、玄関にドライフラワーリースを飾ると、幸運を呼び込むという迷信が海外にはあります。

 

日本での供花のイメージとは違うので、ドライフラワーを贈ることにそれほど神経質にならなくても大丈夫です。

 


スポンサーリンク

 

通販で購入できるギフト

おしゃれなドライフラワー

 

 

ドライフラワーよりも鮮やかな発色が美しいプリザーブドフラワーで作ったアレンジメントです。

 

直径10㎝と小ぶりながらも、贅沢にバラを3輪使用しアジサイでふんわりと囲まれています。

 

キラッと輝くメタルリーフや上品な輝きのパールピックが、お花に彩りを添えてくれます。

 

アレンジメントが乗るのは、曲線の縁取りが可愛らしい、ガラス製のお花型の受け皿です。

 

バラやパールなど上質感がある組み合わせなので、年配の女性にプレゼントしても喜ばれます。

 

落ち着いた雰囲気のパープルや、元気が出そうなイエローのアレンジメントは、母の日のプレゼントとして贈るのにもよいでしょう。

 

ボックスフラワー

 

 

箱のフタを開けたとたん、ぎっしりとバラが詰め込まれている姿に驚くこと間違いなしのボックスフラワーです。

 

一見、本物のバラと見間違えそうですが、実はそっくりに作られたソープフラワーです。

 

キュートなハート型の箱にバラが詰められているというロマンチックな見た目は、まさに女性へのプレゼントにぴったりです。

 

箱を開けたときにふんわりと石けんの香りが漂うことも喜ばれるでしょう。

 

華やかで香りもいいので、ポプリ代わりとしてリビングや玄関などに飾ってもステキです。

 

また、インテリアとして楽しんだ後は、手洗い用の石けんとして使用できるので無駄がありません。

 

手洗い用とするときは、花びらをばらばらにしてから、ガラス皿などにのせて洗面所に置いておきましょう。

 

誕生日プレゼント

 

 

ドライフラワーだけをシンプルに束ねた、ナチュラルな華やかさのあるブーケスワッグです。

 

全長が50㎝以上あるので、ブーケとして抱えると存在感抜群、スワッグとして飾っても見栄えする大きさです。

 

お誕生日などのお祝いにプレゼントするお花としてもピッタリです。

 

花束の種類は4タイプあり、それぞれお花が違うので、贈る方のイメージで選んでみてもよいでしょう。

 

Bタイプの花束は、クリーム色のバラ2種類にミモザやかすみ草を組み合わせた上品で可憐なアレンジです。

 

Dタイプの花束は、月桃の実やトゲナスなどの珍しいドライフラワーにエリンジウムのブルーを効かせた、個性的なアレンジとなっています。

 

どの花束も、生花を自然乾燥させたドライフラワーを使っています。

 

そのため、ブーケスワッグとして鑑賞した後は、リースやハーバリウム作りの花材として利用することもできます。

 

インテリアとして、手作りの花材として二度楽しめるブーケスワッグは、ドライフラワー好きな人へのプレゼントとしてオススメです。

 

【ドライフラワーリースの手作り方法・飾り方】

 

【ハーバリウムの簡単な作り方やコツ】

 

彼女へのプレゼント

 

 

コルクのお皿の上にピンクのバラがぎゅっと集合した可愛らしいアレンジです。

 

バラはプリザーブドフラワーなので気軽に贈ることができ、いつまでも鮮やかなアレンジを楽しむことができます。

 

バラの周りにはピンクのリボンが取り巻き、コルク皿もピンクでぐるりと縁取りされています。

 

とことん可愛らしいアレンジは、彼女や女性の友人に贈るプレゼントに丁度いいです。

 

スマホぐらいのコンパクトなサイズなので、ホワイトデーのお返しなどちょっとしたプレゼントにも使えます。

 

リース

 

 

自然素材を中心に作られた直径30㎝ある大ぶりのリースです。

 

葉や木の枝、一部のお花は、ドライフラワーが使用されています。

 

バラに似た形のお花は、驚いたことに木の皮を丸めて作られたものです。

 

ドライフラワーと木のお花が相まって、ナチュラルで温もりのある雰囲気を醸し出してくれます。

 

鮮やかな色の造花がアクセントとなり、ドライフラワーだけのものよりも、とても見た目が華やかです。

 

ドライフラワーっぽさが強くないので、風水を気にする方でも玄関などに飾りやすいです。

 

結婚祝いや新築祝いなどのプレゼントにすると喜ばれるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

手作り方法・アレンジ

 

【ドライフラワーの作り方】簡単!シリカゲルや電子レンジを用いたやり方

 

【ドライフラワーの飾り方】インテリアとしてお部屋の壁などに飾る方法!

 

ドライフラワーのアレンジメント方法!作り方(簡単)や通販品、教室などを紹介

 

まとめ

 

◆ドライフラワーはお手入れが簡単なので、プレゼントとしてもらっても扱いやすい

 

◆飾るだけでアンティーク調のインテリア雑貨になる

 

◆風水では縁起悪いもの、欧米では「永遠の命を持つ」縁起の良い花とされている

 

◆生花のようなドライフラワーも販売されている

 

【ドライフラワーとは】種類や意味、作り方、寿命、虫除け方法などを紹介!

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です