【バラ(薔薇)のドライフラワー】作り方や飾り方、アレンジ方法、通販品などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、バラのドライフラワーを作るときの花材の選び方や、作り方飾り方アレンジ方法通販品などを紹介しています。

 

ドライフラワーの作り方

色の選び方

◆色の選び方

ドライフラワーにするバラは、白やピンクなどの淡い色黄や紫などの華やかな色がオススメです。

 

バラをドライフラワーにすると、変色色落ちのため、生花のときよりも少しくすんだ色合いになります。

 

そこで淡い色のバラを使うと、乾燥後もくすみや色落ちが目立ちにくいです。

 

また、華やかな色のバラは、少々色落ちしても発色が鮮やかに残りやすいです。

 

深紅のバラは、自然乾燥させると黒ずんだ褐色に変わるので注意しましょう。

 

◆大きさの選び方

ドライフラワーにするのは、大きなバラよりも小さめのバラのほうが扱いやすいです。

 

大輪のバラは花びらの枚数が多く密集して重なっているため、お花の芯の部分が乾きにくいからです。

 

しっかりと乾き切らない状態で長く置いておくと、お花にカビが生えたり、腐ってしまうこともあります。

 

ですので、ドライフラワーにするバラは、大きすぎない、中輪サイズ以下のものが適しています。

 

または、スプレーバラと呼ばれるひとつの茎に何輪も咲くタイプのバラが、お花が小ぶりなため乾かしやすいです。

 

作り方

◆シリカゲル

用意するもの

・大きめのタッパー容器

・粉末タイプのシリカゲル

・ハサミ

 

 

手順

①タッパー容器の中に、シリカゲルを1cmほどの高さまで敷きます。

 

 

②バラのお花部分を、萼から2㎝程下のところで切り取ります。

 

 

③お花の花びらを優しく押し開きながら、花びらと花びらの間の隙間を広げます。

 

 

④お花をタッパー容器の中に入れます。

 

 

⑤お花同士が重ならないようにして置き、上からそっとシリカゲルを振りかけましょう。

 

花びらが幾重にも重なっている部分は、花びらの隙間をピンセットなどで開きましょう。

 

その状態で、スプーンを使ってシリカゲルをすくい入れると、お花の芯までまんべんなく乾かすことができ形も崩れにくくなります。

 

 

⑥タッパーにフタをして、乾くまで放置する

 

◆自然乾燥

自然乾燥で作るときは、満開に咲く前のバラを使いましょう。

 

花びらが開き切る前の少しすぼまった状態のほうが、完成したときに形がキレイに見え、花びらも落ちにくいです。

 

ハンギングで自然乾燥させるときは、あらかじめ余分な葉や茎を切り取る必要があります。

 

ただし、バラの場合はやや多めに葉を残すことでお花とのバランスが良くなります。

 

茎は、飾るときの用途に応じて長さを残してください。

 

ハンギングでの乾燥は、お花を下にして直射日光が当たらない窓辺やベランダ、エアコンの下などに吊して乾燥させます。

 

失敗しないための注意点

◆新鮮なお花を使う

ドライフラワーにするバラは、長く飾ったものではなく切り立ての新鮮なものを使いましょう。

 

花屋さんで買ってくる場合は、お花が開いておらず、花びらがみずみずしいものを選びます。

 

そして、買ってきてすぐ花が開き切る前に、ドライフラワー作りに取り掛かるようにしましょう。

 

お庭などで育てているバラは、花の開き具合を見て切り取り、すぐに乾燥させることができるので、仕上がりがキレイになります。

 

◆シリカゲルを使うときのコツ

萼に切り込みを入れる

シリカゲルで乾燥させる場合は、水分の多い萼の部分が乾きにくいこともあります。

 

その場合は、萼のふくらんだ部分にあらかじめ切り込みを入れておくと、乾きが早くなります。

 

萼の外縁からぐるりと数カ所、ハサミで軽く切り込みを入れてみましょう。

 

シリカゲルの入れ方

シリカゲルの注ぎ方にも注意が必要です。

 

適当にシリカゲルを入れると、シリカゲルの重みでバラがつぶれたり、後ほど取り出すときに花びらが落ちてしまうこともあります。

 

花びらの隙間にシリカゲルを埋めるときは、先にお花の周りにシリカゲルを入れて、外側から花びらを支えるような状態にしてください。

 

その後、花びらの間にシリカゲルを入れると、お花の形が崩れにくいです。

 

先に花びらの隙間からシリカゲルを入れてしまうと、シリカゲルの重みで花びらが折れてしまい、ベタっとつぶれたような形のお花になってしまうことがあります。

 

黒くなるのはなぜ?

◆乾燥後の変色

生花のときには鮮やかな発色のバラですが、ドライフラワーにすると色あせて見えることがあります。

 

特に真っ赤なバラをドライフラワーにすると、ドス黒く変色することが多いです。

 

この変色には、水分を失われることが関係すると考えられています。

 

乾燥して水分を奪われるとお花の細胞組織が壊され、色素などの成分が分解されてしまいます。

 

生花のときの色素の状態を保つことができなくなるため、お花が変色してしまうのです。

 

お花の乾燥時間を短縮させ、色素などの成分の分解が進みきらないうちにドライフラワーを完成させることで、色落ちや変色を抑えることができます。

 

自然乾燥させたものに比べて、シリカゲルで乾燥させたほうがお花の発色がキレイに残るのは上記の理由のためです。

 

◆飾りながらの変色

ドライフラワーを飾っているうちに、茶褐色に変色したり、色が抜けてくることがあります。

 

これには、太陽光などの紫外線が関係していると考えられています。

 

紫外線のエネルギーを、ドライフラワーの中に残っている色素細胞が吸収することで、色素分子の分解反応が生じるためとされています。

 

原理は違いますが、電信柱や壁に貼られたポスターやビラが、太陽光にさらされているうちに少しずつ変色してくるのと似ています。

 

ドライフラワーの変色や色落ちを防ぐには、できるだけ光に当てないことが大切です。

 


スポンサーリンク

 

飾り方

花瓶に生ける

 

 

色形がキレイで目を引くバラのドライフラワーは、シンプルな飾り方がよく似合います。

 

数本を花瓶に挿すだけでも、華やかなお部屋のアクセントとなります。

 

ドライフラワーは水が要らないので、普通の花瓶以外にもラタンのバスケットや、ブリキのバケツなどに入れて飾ることもできます。

 

紙袋に挿したり、ビーズやフェルトなどで作った入れ物に入れても面白いアレンジとなります。

 

スワッグ

 

 

スワッグにピンクや紫のバラを含めると、色が引き立ち華やいだ雰囲気となります。

 

また、数本ずつバラを束ねたものをロープなどに連ねて吊せば、可愛らしいバラのガーランドの出来上がりです。

 

バラはドライフラワーになっても発色がキレイなので、壁に飾ると見映えがするディスプレイとなります。

 

【ドライフラワースワッグの作り方・飾り方】通販で買える商品なども紹介!

 

アレンジ方法

瓶に詰める

 ◆瓶に詰めるメリット

ガラス瓶に詰めて飾る方法では、見た目がキレイなのはもちろん、バラを長持ちさせられるというメリットがあります。

 

これは、ガラス瓶にお花を詰めることで、ホコリや汚れの付着を防ぐことができるからです。

 

また、風や接触によるお花の壊れなどを防ぐこともできます。

 

◆バラを詰める瓶

ドライフラワーを詰めるガラス瓶には、ジャムなどに使うジャータイプや薬瓶タイプなどがあります。

 

バラをすっぽりと入れるには、開け口が大きく、容量がたっぷりとあるガラス瓶が使いやすいです。

 

シュガーポットやジュエリーポットと呼ばれる、装飾や曲線が美しいガラス容器もオススメです。

 

バラを一輪だけ詰めるだけでも、アートのような美しさのある仕上がりとなります。

 

電球のようなかたちのガラス容器を使うと、個性的なアレンジとなります。

 

【ドライフラワーの瓶詰め方法】おしゃれな瓶(北欧風、ハート型)なども紹介

 

リース

 

 

存在感のあるリースを作りたいときは、バラのドライフラワーを混ぜてみましょう。

 

大ぶりなバラを散りばめれば、リースのアクセントとなって目を引くと同時に、エレガントな雰囲気となります。

 

小ぶりなバラと千日紅を多めに使うと、キュートで甘い雰囲気のリースとなります。

 

また、葉や木の実などとバラをシンプルに組み合わせるだけで、北欧風の素朴なリースが出来上がります。

 

赤みの強いバラは、クリスマスやバレンタインの時期のリースにぴったりです。

 

【ドライフラワーリースの手作り方法・飾り方】通販で販売されているキットなども紹介!

 

ブーケ

 

 

バラのドライフラワーはブーケ作りにも重宝します。

 

白や黄色のバラを使うと、ウェディングブーケのように清楚なアレンジとなります。

 

ピンクや紫などのバラは、アレンジによってポップな雰囲気にも、アンティークな雰囲気にも仕上がります。

 

ブーケにするときは、バラだけをシンプルに使うと上品にまとまります。

 

他のお花と一緒に使うと、ブーケのアクセントとなりメリハリのある仕上がりになります。

 

【ドライフラワーブーケ(花束)】通販品や手作り方法、飾り方、保存方法などを紹介

 

ポプリ

 

 

バラは見た目も香りも良いので、ポプリなどにアレンジして楽しむことができます。

 

ポプリにするときは、スプレーバラなどの小ぶりなバラが使いやすいです。

 

または、大輪のバラの花びらを一枚ずつ取り外して使いましょう。

 

バラをドライフラワーにすると、自然のままでは香りが薄く感じます。

 

ですので、バラの香りのアロマオイルを振りかけて、香りを足してから飾るのがいいでしょう。

 

ポプリは、小袋に入れてサシェとしたり、ワックスバーなどに加工することもできます。

 

 


スポンサーリンク

 

プレゼントにも!通販品

スプレーバラ

 

 

スプレーバラのドライフラワーが2~3本ずつ束ねられています。

 

小ぶりなバラが可愛らしく、一束で10~14輪とたっぷりとお花が付いています。

 

葉や茎を適度に残しているので、そのままスワッグとして飾ることができます。

 

自然のままを活かしたピンク掛かったような紫色は、ブーケやリース作りにもよく合います。

 

お花部分を使ってハーバリウムなどのクラフトにも利用できます。

 

まとめ

 

◆ドライフラワーにするバラは、淡い色(白、ピンクなど)や鮮やかな色(黄、紫など)がオススメ

 

◆大きなバラより小ぶりのバラのほうが作りやすい

 

◆バラのドライフラワー作りに必要なもの

・大きめのタッパー容器

・粉末タイプのシリカゲル

・ハサミ

 

◆バラのドライフラワーの作り方

①タッパーの中にシリカゲルを敷く

②花部分を萼から2㎝程下のところで切り取る

③花びらと花びらの間の隙間にシリカゲルを入れる

④花をタッパー容器の中に入れる

⑤花にシリカゲルを振りかける

⑥フタをして乾くまで放置する

 

◆自然乾燥出の作り方

直射日光の当たらない場所で下向きに吊して乾燥させる

 

◆飾り方・アレンジ方法

・花瓶に生ける

・スワッグ

・リース

・瓶に詰める

・ブーケ

・ポプリ

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です