【ドライフラワーとは】種類や意味、作り方、寿命、虫除け方法などを紹介!


スポンサーリンク

 

ドライフラワー

ドライフラワーとは

ドライフラワーとは、自然の草花や木の実などを、乾燥させたものです。水分を完全に除去して作るため、パリっとした乾いた質感に特徴があります。そして、生花と比べて、お花のきれいに咲いた姿を、長い間楽しむことができるという魅力があります。ドライフラワーは元々、観賞用として作られていましたが、最近ではハーバリウムやレジンなど、クラフトの素材としても活用されています。

 

種類

◆ドライフラワーに向いているお花

・乾かしやすいお花

ドライフラワーに向いているのは、乾かしやすいお花です。乾かしやすいお花の特徴とは、含まれる水分量が少ないこと、お花そのものが小さいことなどが挙げられます。一方、乾かしにくいお花では、乾燥までに、時間と手間がかかるという煩わしさがあります。なお、細部まできちんと乾燥しきれていないと、飾っているうちに、お花が腐ってしまったり、カビが生えてしまうこともあります。

 

・変色しにくいお花

お花の美しさを楽しむためにも、変色しにくいお花のほうが、ドライフラワーに向いています。乾燥した後でも、生花に近い風合いや、鮮やかな発色が残りやすいお花が適しているでしょう。反対に、乾燥させると、枯れたように茶色く縮れてしまうお花は、見た目が悪くなるので、ドライフラワーには向いていません。

 

・向いているお花の例

まず、水分量が少ないお花としては、千日紅やスターチスなどがあります。ノゲイトウなど、触ったときの手触りがサラサラとしたお花も、乾かしやすいお花です。かすみ草やミモザ、ラベンダーなども、お花が小さいため、乾きが早いです。とくに、ミモザやラベンダーは、黄色や紫色などの鮮やかな発色が美しく、ブーケやスワッグなどに重宝します。次に、変色しにくいお花として、千日紅やバラがあります。千日紅やバラは、乾燥後もカラフルな発色を保ちやすいので、華やかな風合いのドライフラワーを作ることができます。なお、バラは、花びらの枚数が多いため、乾燥後もお花がつぶれにくく、きれいな形状を保ちやすいというメリットもあります。同じく、色や形状がきれいなドライフラワーとして、アジサイがあります。ボリュームがあり、落ち着いた色合いのアジサイは、アンティークなお部屋によく合います。

 

【ドライフラワーの花材】オススメの花や向く花の種類、花言葉、通販サイトを紹介!

 

意味

◆プレゼントに便利なドライフラワー

扱いが楽なドライフラワーは、プレゼントに便利なお花です。咲いた状態が長持ちするので、贈る前にしおれたり枯れたりしてしまう心配がありません。買うタイミングを選ばないだけでなく、保管や持ち運びが楽だというメリットもあります。一方、贈られるほうも、水切りや水やりなどの手間がないので便利です。そのまま飾るだけでインテリアとなるので、生け花などお花の知識がない人にも贈りやすいです。ドライフラワーはとくに、アンティークな家具との相性が良く、クラシカルな雰囲気が好きな人には人気があります。

 

◆ドライフラワーを贈るのは失礼になる?

ドライフラワーは縁起が悪いと考える人がいます。たとえば、風水の考え方では、ドライフラワーを死んだ花であり、運気を下げるものだと捉えています。そのため、贈る相手によっては、ドライフラワーのプレゼントが好まれないことがあります。一方、欧米では、ドライフラワーを永遠に咲き続ける花と捉え、永遠の愛情を連想させる縁起のいいものだと考えています。そのため、結婚式でのウェディングブーケや、玄関に飾るリースなどに、ドライフラワーを使うことがよくあります。

 

【ドライフラワーをプレゼント】込められる意味や通販で買えるギフトを紹介!

 

造花・プリザーブドフラワーとの違い

◆プリザーブドフラワーとの違い

プリザーブドフラワーとは、ドライフラワーと同じく、生花を乾燥させて作られたものです。どちらもお花の水分を抜くことで、きれいに咲いた状態を長持ちさせることができます。まず、プリザーブドフラワーでは、生花から水分などを抜いた後、特殊な液体を吸わせることで、鮮やかな発色としなやかな感触とを保つことができます。そのため、カサカサとした感触のドライフラワーに比べて、プリザーブドフラワーでは、まるで生花のような色合いや柔らかさを楽しむことができるのです。また、最近になって生まれたプリザーブドフラワーは、ドライフラワーよりも保管しやすく作られています。数年ほどで色落ちや崩れが生じやすいドライフラワーと比べて、プリザーブドフラワーは上手に保管すると、数年から10年程度、きれいなまま楽しむことができます。

 

◆造花との違い

造花とは、布やプラスチック、紙などを使って、まるで生花のような見た目に仕上げたお花のことです。ドライフラワーが、生花を乾燥して作られているのに対して、造花では、全く生花を使用していません。そのため、造花は色落ちや劣化が少なく、半永久的に飾ることができるのが魅力です。最近では、一見しても生花と見分けがつかないほど、リアルに作られている造花も多いです。とくに、アーティフィシャルフラワーと呼ばれる造花は、まさに生花のような質感や発色を再現しており、店舗のディスプレイやウェディングシーンなど、多分野で活用されています。

 

風水

◆風水でのドライフラワー

風水では、ドライフラワーは死んだ花とみなし、運気を下げるものと考えています。そのため、ドライフラワーをお部屋の中に飾ることは、あまりお薦めしていません。お家の中に良い気を呼び込むことを目指す風水では、生花や観葉植物など、生命があるお花を飾ることを奨励しています。

 

◆飾るのに適した場所

風水が気になる人は、玄関や寝室、リビングなどにドライフラワーを飾ることは、避けたほうがいいでしょう。風水の考え方では、玄関とは良い運気を呼び込む場所、寝室やリビングとは、良い運気を溜めておくべき場所です。運気を上げるために大切な場所であるため、運気が良くないとされるドライフラワーを飾ることはお薦めしません。一方、廊下や階段などは、気が流れる場所であるため、ドライフラワーを飾るのに適しています。なお、ドライフラワーを飾るときは、赤い色のものを一緒に組み合わせると、相性がいいとされています。たとえば、ドライフラワーのスワッグやリースを、赤いリボンで束ねるなどして、風通しのいい廊下などの壁に飾るのがいいでしょう。

 

【ドライフラワーと風水】飾る場所・置き場所はどこがいい?

 

寿命

◆ドライフラワーの寿命

長くお花が楽しめるドライフラワーですが、寿命がないというわけではありません。とくに、特殊な技法を用いず、生花をそのまま乾燥させただけのドライフラワーは、それほど日持ちがしません。たとえば、自然乾燥で手作りしたドライフラワーは、短いもので2~3ヶ月、長くても1~2年で劣化することが多いです。劣化とは具体的には、色が茶色くくすんだり、退色したりして、枯れたような見た目になります。また、カビが生えたり、虫が発生することもあります。そのため、ウェディングブーケやプレゼントされた花束を、ドライフラワーにして保管する場合には、何年間も日持ちするものではないことを覚えておきましょう。一方、お店で購入したドライフラワーには、特殊な技法を施しており、鮮やかな風合いを長く保つことができるものもあります。

 

◆寿命を延ばすには

ドライフラワーの持ちを良くするには、直射日光を避けることと、湿気の少ない場所に置くことが大切です。直射日光が当たると、退色や崩れが生じやすくなり、湿気が高いと、カビなどが発生しやすくなるからです。窓辺など日が当たる場所や、ジメジメとした水回りなどに飾るのは避けましょう。また、ホコリが溜まっていても、カビや虫が発生しやすくなるので、こまめにゴミなどを取り除くようにしましょう。なお、ガラス瓶やケースなどに入れて飾ると、きれいな状態を長持ちさせることができます。

 


スポンサーリンク

 

作り方

自然乾燥

最もポピュラーな作り方は、生花を自然乾燥させる方法です。ハンギングする方法では、お花を下にして、日陰などに吊すだけで、2週間もあればドライフラワーが出来上がります。また、ドライ・イン・ウォーター法では、少量のお水を入れた花瓶に、お花を挿したまま乾かしていきます。この方法では、アジサイやかすみ草など、ボリュームのあるお花をふんわりと仕上げることができます。

 

自然乾燥の時短テク

2週間も完成が待てない人には、時短テクを使った自然乾燥がお薦めです。たとえば、ハンギング前に、ドライヤーで軽く乾燥させるというテクニックがあります。紙袋に、お花を下にして差し入れてから、ドライヤーの温風をかけます。温風は弱めにして、お花に直接、風が当たらないように注意しましょう。紙袋内でお花の表面が乾くので、その後にハンギングすると、乾燥時間を短縮することができます。同じく、軽く電子レンジをかけてから、ハンギングするという時短テクもあります。

 

シリカゲル

シリカゲルという、食品などの湿気取りとして使われる乾燥剤を利用して、ドライフラワーを作ることができます。ドライフラワー用シリカゲルは細かい粒状になっており、花びらの隙間にまでよく入り込んで、しっかりと乾かしてくれます。もちろん、食品用として売っている、シリカゲルで代用することもできます。作り方は、密閉容器にシリカゲルを敷いてから、その上に生花を並べます。そして、お花が完全に埋まるぐらい、シリカゲルを注ぎ入れて乾かします。1週間ほど置いて、お花を取り出せば完成です。乾燥が早いので、色落ちがしにくく、きれいな発色のドライフラワーが出来上がります。

 

グリセリン

化粧水などに使われるグリセリンを利用して、ドライフラワーを作ることができます。グリセリンで作ったドライフラワーは、半生のようなしっとりとした手触りと、茶色掛かった艶のある発色が特徴です。作り方としては、浸透法と吸い上げ法の2つがあります。浸透法では、グリセリンと熱湯を1対3で割った溶液の中に、草花や木の実などを浸して作ります。吸い上げ法では、グリセリン溶液を入れた花瓶に、草花を挿して、溶液を吸わせることで出来上がります。

 

【シリカゲルでドライフラワー】失敗しない作り方!グリセリン処理法も紹介!

 

飾り方

ドライフラワーの持つアンティークな雰囲気は、インテリアとして見映えがします。たとえば、ボリュームのあるアジサイは、そのまま花瓶に生けるだけでも、ゴージャスな雰囲気を醸し出してくれます。バラはクラシカルなお部屋に、ミモザやかすみ草は、カントリー風のお部屋などによく合います。お部屋の壁には、スワッグやリースなどにして飾ると、華やかな印象となります。寝室や玄関には、ラベンダーなど香りのあるドライフラワーを飾ると、芳香剤の代わりにもなります。

 

【ドライフラワーの飾り方】インテリアとしてお部屋の壁などに飾る方法!

 

アレンジメント

ブーケ

ドライフラワーブーケは、花束をひとつに束ねるだけで作ることができます。初めてでも簡単に作れるのが、クラッチブーケです。中心とするお花の周りに、同心円状にお花を足していき、仕上げにフローラルテープで束ねるだけという手軽さです。リボンなどを巻いて装飾した後は、そのままインテリアとして飾ったり、プレゼントとして贈ることができます。ラウンド状のブーケを作りたいときには、ブーケホルダーを利用すると、きれいな丸みのあるブーケが出来上がります。ブーケを作るときには、ユーカリとお花などのシンプルな組み合わせや、お花の単色使いをすると、シックな雰囲気に仕上がります。一方、バラや千日紅、ミモザなど、色とりどりのお花を組み合わせると、華やかで可愛らしい仕上がりとなります。

 

【ドライフラワーブーケ(花束)】通販品や手作り方法、飾り方、保存方法などを紹介

 

リース・スワッグ

◆リース

ドライフラワーリースを作るときは、つる素材などで編まれたリース土台を使うと楽です。ドライフラワーのお花部分を切り取り、グルーガンなどで、リース土台に接着していきます。先に、バラなどの大ぶりなお花から接着し、隙間を埋めるように、アジサイやミモザなどの小花で彩ると、バランス良く仕上がります。ゴージャスな雰囲気に作りたいときは、リボンやアクセサリーパーツなどを盛り込んで装飾しましょう。とくに、クリスマスリースには、ゴールドなどに染めた松かさや、赤いペッパーベリーなどの木の実を使うと、冬らしいほっこりとした雰囲気になります。

 

【ドライフラワーリースの手作り方法・飾り方】通販で販売されているキットなども紹介!

 

◆スワッグ

スワッグは、ドライフラワーらしい持ち味が活かせるアレンジメントです。シンプルに草花を束ねて作るだけなので、お花の色や種類を変えることで、色々な雰囲気に仕上げることができます。作り方は、バランスを見ながら草花を組み合わせて、麻ヒモなどで束ねるだけです。丈の長い草花から、順に短くなるように草花を選び、広がりや丸みを付けて束ねると、キレイな見た目になります。たとえば、オレガノやユーカリなどのグリーン系を多めに使うと、スタイリッシュな雰囲気となります。ミモザやかすみ草などを中心にアレンジすると、優しく温かみのある雰囲気となります。また、スワッグを飾るときは、壁などにお花を下にして掛けるほか、小さなスワッグをガーランドのように連ねるのもステキです。

 

【ドライフラワースワッグの作り方・飾り方】通販で買える商品なども紹介!

 

◆レジン

ドライフラワーを使ったレジンアクセサリーは、透明な樹脂の中で、ドライフラワーの彩りが際立ち、とても美しいです。とくに人気があるのが、ドライフラワーをレジンで閉じ込めたピアスです。ピアスを作るときには、レジン液とドライフラワーのほか、モールドやミール皿などの型、装飾用パーツなどを用意します。ピアスに使うドライフラワーは、アジサイやミモザ、かすみ草などの小さなお花が使いやすいです。とくに、着色したかすみ草は、小さくてもぱっと目を引くのでお薦めです。作り方は、まず、型の中にレジン液を入れてから、お花をピンセットで並べて、レジン液の中に完全に沈めます。気泡をよくつぶし、隙間がないことを確認してから、UVライトや日光などで乾かして固めます。固まったレジンに、ピアス用の金具などを取り付ければ完成です。

 

【ドライフラワーレジンアクセサリーの作り方】ピアス・イヤリングをハンドメイドで!

 

瓶詰

ドライフラワーの瓶詰めは、見た目が可愛らしく、いろいろな場所に飾りやすいという魅力があります。瓶詰めに使うガラス瓶は、容量や開け口の大きいものが、詰めやすく見た目も華やかです。丸底のジャー型の瓶のほか、スクエア型やハート型などの瓶に詰めても、おしゃれな仕上がりとなります。なお、きれいに見せるコツは、お花を外向きにして並べることと、隙間がないようにぎっしりと詰め込むことです。たとえば、色が鮮やかで、お花の大きさが程良い千日紅は、瓶詰めにぴったりです。カラフルな見た目と、丸い可愛らしい形状が相まって、まるでキャンディを詰め込んだようなポップな仕上がりとなります。また、バラやアジサイなど、大ぶりなお花を一輪だけ詰めても、大人っぽさのあるディスプレイとなります。瓶詰めにすると、ホコリがつきにくいので、ドライフラワーの持ちが良くなるというメリットもあります。

 

【ドライフラワーの瓶詰め方法】おしゃれな瓶(北欧風、ハート型)なども紹介

 

ネイル

本物のドライフラワーを使ったネイルは、皆とはひと味違う、ユニークな指先を演出したい人にお薦めです。ドライフラワーの持つ、優しくエレガントな風合いが、パステル系のネイルによく合います。ネイルに使うドライフラワーは、数㎜ぐらいの小さめのお花のほうが、爪の上でアレンジしやすく、剥がれにくいです。なお、立体的なお花ではなく、押し花にして平たくなっているもののほうが、接着しやすいでしょう。やり方は、ベースコートとなるマニキュアを塗った上に、ドライフラワーを並べ、トップコートで塗り固めます。お花の凹凸が出ないよう、トップコートを重ね塗りしておくと、よく密着し、光沢も良くなります。

 

【ドライフラワーネイルのやり方】通販で買えるシール、オイル、パーツなども紹介

 

リップ

ドライフラワーリップとは、透明なリップの中に、ドライフラワーが封じ込められているという、インパクトのあるコスメです。手作りする場合には、ベースに使う透明な固形リップとリップケース、ドライフラワーを用意します。ドライフラワーは、着色したかすみ草やミモザなど、小さくても色のきれいなものが見映えがします。まず、固形リップを、ドライヤーの熱風を当てるなどして溶かし、リップケースの中に少量流し入れます。そこに、ドライフラワーを挿して立たせ、また溶かしたリップを流し込みます。冷蔵庫などで冷やし、固まれば完成です。

 

【ドライフラワーリップの手作り方法】人気のグロスやバームも紹介

 

髪飾り

パーティーや結婚式など、アップにまとめた髪を華やかに彩りたいとき、ドライフラワーの髪飾りがお薦めです。ドライフラワーは着物にも合うので、成人式や卒業式などに使うにも重宝します。使用するドライフラワーは、大ぶりのバラや、色のきれいな千日紅などが見映えします。また、派手になりすぎず、落ち着いた印象があるドライフラワーには、ウエディングのヘアアレンジにも使えます。白いバラやかすみ草などを使うと、エレガントで上品な雰囲気のある髪飾りとなります。なお、手作りするときは、Uピンやクリップなど、髪飾りの土台となる髪留めを用意します。ドライフラワーのお花部分を切り取ってから、グルーガンを使い、髪留めに接着すれば完成です。

 

【ドライフラワー髪飾りの手作り方法】成人式や結婚式、卒業式で使える通販品も紹介!

 

ドライフラワーのアレンジメント方法!作り方(簡単)や通販品、教室などを紹介

 


スポンサーリンク

 

虫対策

虫除けなどの予防方法

ドライフラワーに付く虫は、お花を食い散らしてしまうので、花びらが次々と落ちたり崩れたりする原因となります。ドライフラワーを長く楽しむためには、日頃から虫除けなどの対策をしておくことが必要です。まず、最も効果的な対策が、防虫スプレーを使うことです。ドライフラワーや押し花用の防虫スプレーは、花材屋さんやショッピングサイトなどで購入できますが、やや価格が高いという点がネックです。安価に済ませたいときには、衣類用の防虫剤などで代用しても大丈夫です。着物用防虫剤や天然ハーブを使った防虫剤などを、ブーケやリースの隙間に忍ばせて使いましょう。ほかにも、虫が付きにくくするためには、ホコリをこまめに取り除き、湿気の高い場所に飾らないように気を付けます。それでも、虫が気になる場合は、クリアケースなどをかぶせて飾る方法もあります。

 

虫の駆除方法

ドライフラワーに虫が付いた場合、ごく少数ならば、手などで取り除きます。しかし、かなりの量の虫が発生している場合は、基本的には、ドライフラワーそのものを廃棄するしかありません。いちど虫が付いてしまうと、卵を産み付けていることもあり、目に見える範囲で取り除いたとしても、完全には駆除できないからです。どうしても捨てられないドライフラワーは、市販の殺虫剤などを使って駆除してみるのもいいでしょう。ただし、殺虫剤に含まれる薬品により、ドライフラワーが劣化する可能性があります。

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。