【アイロンで行う押し花の作り方】簡単なやり方や道具などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、アイロンを使った押し花の作り方を紹介しています。

 

アイロンで行う押し花作り

 

アイロンで行う押し花作りでは、お花を乾かす時間を短縮できることがメリットです。

 

本などに挟んで作る場合は、数日間から一週間ほど掛かる押し花作りですが、アイロンを使うことで一気に乾燥させることができます。

 

また、押し花作り用フィルムなどを買う必要がなく、家にあるものだけで、手軽に押し花作りを楽しむことができます。

 

ちなみに、お花を乾かすときには、手早く水分を抜き取ったほうが、発色がきれいに残ります。

 

アイロンを使うことで、お花を乾かす時間が短くでき、鮮やかな色合いの押し花を作りやすくなります。

 


スポンサーリンク

 

材料となるお花

厚みがないお花

押し花には、厚みがなく、薄い形状のお花が向いています。

 

たとえば、アジサイやビオラなどは、お花がペタンコに近く、プレスしやすい形状のお花です。

 

反対に、バラやカーネーションなど、お花に厚みがあり、花びらが入り組んだ形状のものは、押し花に作りにくいお花です。

 

花弁が重なった部分の水気が抜け切らなかったり、縮れて見た目が悪くなってしまうことがあるからです。

 

水分が少ないお花

水分を抜き取って作る押し花では、あらかじめ水分量が少ないお花を使うのが向いています。

 

ミモザやかすみ草などは、元々がサラッと乾いたお花なので、乾燥させやすいです。

 

ビオラやサクラなどのお花も、水気が少なくて扱いやすいです。

 

ちなみに、雨露などで濡れている状態のお花を使うのは厳禁。

 

パリッとした押し花に仕上がりにくくなります。

 

そのため、お花を採取するときには、雨上がりの日や梅雨などの時期を避けるようにしましょう。

 

しばらく晴天が続いたタイミングで採取すると、お花が適度に乾燥しており、押し花にしやすいです。

 

切り取ってすぐのお花

押し花には、新鮮な生花を使います。お庭などから、切り取ってすぐのお花を使いましょう。

 

なお、押し花に使うお花は、お庭や道端で咲いているもので充分。

 

たとえば、道端に咲くスミレやツユクサなどは、色がきれいに残るので、押し花に向いているお花です。

 

お庭で育てた朝顔なども、お花が薄いので、プレスしやすい形状です。

 

また、梅雨から初夏にかけて、道端でいっせいに咲くアジサイや、初秋に咲くコスモスなども、押し花作りに向いています。

 

ただし、アジサイは、自然に咲くよりも、誰かがきちんとお世話していることが多いです。

 

公園や他人のお庭に咲くお花を、勝手に採取することがないように気を付けましょう。

 

また、花屋さんで売っているお花も、押し花に使いやすいです。

 

お花を買うときには、みずみずしく元気のいいお花を選びましょう。

 

花屋さんでは、発色が美しいお花や、虫食いや傷がないキレイなお花が、簡単に手に入るので便利です。

 

道具

挟むもの

お花をプレスするときに挟むためのものとして、平たい板状のものを用意します。

 

あまり硬いものでは、お花を傷めてしまうので不向きです。

 

たとえば、雑誌や電話帳などの厚めの本や、ダンボールなどの厚手の紙がお薦め。

 

紙製のものでは、平面がクッションのように柔らかいため、お花の形状に合わせて形を変えながら、優しく水分を吸い取ってくれます。

 

また、お花に直接触れる紙として、クッキングペーパーやティッシュなど、真っ白で柔らかい紙も用意してください。

 

摘まむもの

お花を摘まむものとして、ピンセットがあると便利です。

 

指で摘まむと、体温や皮脂などの影響を受けて、お花がしおれやすくなります。

 

採取したばかりの活き活きした状態を保つためにも、ピンセットなどの道具を使って、お花を取り扱うのがいいでしょう。

 

また、プレスされた押し花を、挟んだティッシュなどから取り外す際にも、ピンセットが活躍します。

 

お花の水分を吸い取った紙と、お花とが、ペタンとくっ付いてしまったときには、ピンセットを使うのが便利。

 

ピンセットで先端を摘まみながら、ゆっくりと丁寧に剥がすと、お花が壊れにくいです。

 

 

アイロン

家庭用の普通のアイロンを用意します。スチーム機能などは不要。

 

最低限、低温や高温などの切り替えができるもので充分です。

 

必要に応じて、アイロン台を用意してください。

 


スポンサーリンク

 

作り方

お花部分を切る

ガクよりもやや下の部分を切り、お花から茎を切り落とします。

 

ガク部分やガクより上を切ると、花びらが外れるなどして、お花が壊れてしまうので注意してください。

 

切り取ったお花は、押し花にしたときに見映えがするように、花びらの位置などを整えておきましょう。

 

なお、お花を切らず、茎を残したまま、押し花を作るのもOKです。

 

下準備

◆下準備の方法

いざアイロンを使う前に、下準備を行っておくと、押し花の発色が鮮やかになります。

 

下準備では、電話帳や百科事典のような分厚い本を用意してください。

 

電話帳などのページを開き、ティッシュを一枚敷いてから、お花を並べて置きます。

 

その上から、ティッシュを一枚重ねて置き、ページを閉じます。

 

このまま数日間置きます。

 

◆下準備をする理由

こちらの下準備では、通常の押し花の作り方と、アイロンの時短テクを組み合わせることができるのがメリット。

 

粗く乾燥した状態に仕上げられるため、アイロンを軽く当てるだけで済むというメリットがあります。

 

というのも、お花は熱に弱いため、アイロンを長く当てすぎると、熱で花びらが変色したり、色が濁ったりすることがあるからです。

 

なお、時間がない場合は、下準備を行わずに、すぐにアイロンを当てるところから始めても、もちろん大丈夫です。

 

◆下準備のコツと注意点

お花を挟むページは、半分より後ろの部分のほうが、上からプレスする重みが出るので都合いいです。

 

そして、お花は、お互いが重ならないようにして、間隔を開けながら置きましょう。

 

また、電話帳や雑誌のページに、そのままお花を置くのは避けてください。

 

お花から出た水気で、ページに色が付くなどして汚れてしまいます。

 

反対に、雑誌や新聞紙のインクが、お花に移ってしまうこともあります。

 

お花の上下は、必ず、ティッシュやキッチンペーパーなどで挟むようにしましょう。

 

ちなみに、一冊の電話帳で、複数のページにお花を挟んでも大丈夫です。

 

この場合は、ある程度の厚みが取れるくらいページを離してから、次のお花を挟むようにしてください。

 

アイロンを掛ける前の準備

アイロンはあらかじめ、低温に設定して熱しておきます。

 

新聞紙などにティッシュやキッチンペーパーを敷いてから、プレスしたお花を乗せます。

 

その上にティッシュなどを置いてから、アイロンを掛けてください。

 

下準備をしたお花では、ティッシュなどに挟んだままの状態で、分厚い本などから抜き取ります。

 

ティッシュなどに汚れがない場合は、そのままアイロンを掛けることができます。

 

ティッシュに色移りなどがある場合は、新しいティッシュに挟み直してから、アイロンを掛けるほうが丁寧です。

 

アイロンを掛ける

低温に熱したアイロンで、10秒から30秒程度プレスします。

 

10秒ずつ当てては、ティッシュをめくって様子を見ながら、時間を加減するのがいいでしょう。

 

なお、焦げ臭い匂いがしたときは、すぐにアイロンを離しましょう。

 

剥がして熱を冷ます

アイロンでプレスすることを、何回か繰り返すうちに、お花がパリっと乾燥してきます。

 

ピンセットでお花の先端をそっと摘まんでみて、まっすぐに持ち上がるようなら完成です。

 

だらりと垂れ下がるようなときは、まだ乾燥が足りない証拠。

 

数十秒ずつ区切りながら、少しずつアイロンを当てて乾かしてください。

 

また、完成した押し花は、しばらく置いておき、熱を飛ばします。

 

その後は、クラフトなどの材料として活用してみましょう。

 

アイロン掛けのコツと注意点

お花に直接、アイロンを当てるのは、絶対にやめてください。

 

アイロンの熱でお花が焦げたり、アイロンの面にお花がくっ付いて剥がれなくなってしまいます。

 

また、ティッシュなどの上から触ったときに、お花がゴツゴツと飛び出している感触があるときは、飛び出している箇所に熱が強く当たるため、焦げやすくなります。

 

ティッシュなどをもう一枚重ねるか、新聞紙を一枚重ねてから、アイロンを掛けるほうが安心です。

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。