【バラ・ガーベラの押し花】作り方や組み立て方、アイロンやレンジで簡単に作る方法など


スポンサーリンク

 

本記事では、バラやガーベラで行う押し花のやり方を紹介しています。

 

バラの押し花

 

押し花にするバラ

押し花にするバラは、花びらの汚れや変色が少なく、みずみずしいものを選びましょう。

 

お庭で切り取ってすぐのものや、水切りをした状態のバラを使ってください。

 

なお、押し花にしたお花は、発色の鮮やかさに欠け、やや黄色掛かった色味に見えます。

 

そのため、押し花にするバラは、赤色や濃いピンク色など、鮮やかで派手な色合いのものを選んだほうがいいです。

 

押し花にするには

◆お花まるごと押し花に

普通の押し花のように、バラのお花をまるごと、押し花にする作り方があります。

 

ただし、バラは花びらが多く、花びらの付きが立体的であるため、単純に押しつぶしてもキレイに出来上がりません。

 

花びらの向きを揃えて、丁寧にプレスすることが必要となります。

 

なお、バラそのままを押し花にしたものは、生花の状態とは違い、花びらがペタンと重なったような仕上がりです。

 

ぱっと見たところ、パンジーなどのお花に近い見た目です。

 

そのため、バラらしい雰囲気を残したまま、押し花を作りたい人には不向きな方法です。

 

また、お花ごとプレスした場合は、中心部の水分がなかなか抜けきらず、完成に時間がかかるというデメリットもあります。

 

◆花びらにばらしてから押し花に

バラを押し花にするときにお薦めなのが、花びらにばらしてから作る方法です。

 

生花の状態で、花びらをちぎり取ってから、押し花に加工します。

 

一枚ずつ丁寧に、花びらをプレスできるので、押し花としての仕上がりがとてもキレイです。

 

なお、押し花にしたバラの花びらは、組み立てという作業を行って、もう一度バラの形に戻します。

 

組み立て方しだいで、2Dながらも、生花のバラのように立体的に見せることができます。

 

組み立て方によっては、バラの花の形にこだわらず、好きなデザインに形作ってもOKです。

 

なお、組み立て方については、後述します。

 


スポンサーリンク

 

バラの押し花の作り方

乾燥シートを使う作り方

◆材料・道具

・準備するもの

押し花用の乾燥シートを用意します。

 

さらに、和紙や習字紙など、吸水性のある紙と、新聞紙や雑誌などを用意してください。

 

また、お花を優しくプレスするために、パッキング用のウレタンフォームがあると便利です。

 

その他、大きめのビニール袋と紐などを用意してください。

 

 

 

・押し花作成キット

道具を揃えるのが面倒なときは、押し花作成キットを使うと便利です。

 

キットには、乾燥シートやウレタンシート、専用ペーパーや押し板などがセットされています。

 

何度も繰り返して、使用できるキットも多いです。

 

お庭のバラなど、身近に咲くバラで何度も押し花を作りたいときは、使い回しが効く、押し花作成キットが重宝します。

 

 

◆作り方

・バラの準備

バラは、ガクの真下で茎を切り落とします。

 

そして、水気が早く抜けるように、ガクのふくらみに、何本か切り込みを入れておきます。

 

次に、バラの花の中に、虫やゴミが入り込んでいないかを確認してから、お花の形を整えます。

 

花びらを外側に向けて、指で押し開いておくと、プレスしたときに正面を向きやすくなります。

 

・バラを挟む

新聞紙や雑誌を土台にして、乾燥シート、和紙の順に敷きます。

 

和紙の上に、バラの花を並べてから、和紙をかぶせます。

 

その上に、ウレタンフォーム、乾燥シート、新聞紙の順に置いていき、軽く紐で縛ります。

 

セットした全体をビニール袋に入れ、きつく縛って密閉します。

 

上から重しを乗せて、4~5日ほど風通しのいい場所に置いておき、お花が乾燥したら完成です。

 

・上手く作るコツ

バラのお花を並べるときには、花びらがクシャクシャにつぶれないように注意しましょう。

 

できるだけシワができないように、花びらを平たく押し伸ばした状態で、和紙などをかぶせていくといいです。

 

また、お花同士が重ならないよう、間隔を空けて並べるようにしましょう。

 

電子レンジを使う作り方

◆材料・道具
・準備するもの

バラを置くためのお皿として、電子レンジ対応の陶器皿を用意します。

 

タイルや陶板など、平たくて厚みのある陶器だと使いやすいです。

 

また、バラにかぶせるために、キッチンペーパーかクッキングペーパーなど、耐熱性のある紙を用意してください。

 

プラスして、お花のクッション代わりとなるダンボール紙や、仮留めするためのガムテープなどがあると便利です。

 

・押し花作成キット

電子レンジで作るための、押花作成キットが販売されています。

 

キットでは、電子レンジ対応の陶板やクッションシート、専用ペーパーなどがセットされています。

 

電子レンジ対応ではない道具を使うと、出火などの原因となるため、手頃な道具が見つからないときは、キットを購入するのが安心です。

 

◆作り方

陶板の上に、同じサイズに切ったダンボール紙を置き、さらにキッチンペーパーを置きます。

 

その上に、バラの花か、花びらをちぎったものを並べて置きます。

 

お花の上から、キッチンペーパー、ダンボール紙、陶板といった順で、サンドイッチのように挟んでいきます。

 

サンドできたら、ガムテープで仮留めしてから、電子レンジに入れます。

 

600Wの強さで1分程度、電子レンジにかけたら、鍋つかみなどをはめて取り出します。

 

すぐに陶板を開き、お花の状態を確認してから、熱を飛ばしましょう。

 

花びらの組み立て方

◆材料・道具

バラの花びらは、同じ色合いのものを、大きさを混ぜて用意します。

 

たとえば、大、中、小の大きさをそれぞれ5枚ずつと、中央の花芯になる部分用として、細かいものを2~3枚用意してください。

 

また、花びらを貼っていくときには、粘着シールか両面テープが必要です。

 

◆作り方

・貼り付ける場所と、花びらの準備

粘着シールなどを、大きい花びらぐらいのサイズにして、丸く切り、台紙などの上に貼ります。

 

バラの花びらは、サイズを揃えて重ねてから、ハサミで半円状に切ります。

 

三日月のように、縁をカーブさせて切り取るのがいいです。

 

・大の花びらを貼る

粘着シールの縁に沿って、大きい花びらをぐるりと貼っていきます。

 

隣り同士の花びらが、4分の1程度ずつ重なるようにして貼っていきましょう。

 

・中の花びらを貼る

次に、大きい花びらの内側に、中ぐらいの花びらを貼っていきます。

 

大きい花びらが重なっているところ、中ぐらいの花びらの真ん中が来るようにして、配置していきます。

 

隣同士を重ねながら、ぐるりと一周するまで貼ってください。

 

・小の花びらを貼る

最後に、小さい花びらを貼ります。中心部が自然に埋まるように、3枚ほどを目安にして、花びらを重ね貼りします。

 

小さい花びらを貼り終わっても、中央がすっぽりと空いている状態でOKです。

 

この花芯部分には、細かい花びらを、ハギレのように切り合わせて使います。

 

1~2枚の破片を、中心にちょこんと乗せるだけでも、花芯らしく見えます。

 

◆上手く作るコツ

バラの花びらを、本物のバラのように立体的に見せるには、練習と勘が必要。

 

バラの生花をじっくりと見て、花びらの見え方を研究してみましょう。

 

なお、花びらの色は、外側から中心部に近づくほど、濃いものを使うほうが立体的に見えます。

 

花びらを重ね合わせる量や場所も、自然な重なりに見えるように、微調整しながら貼っていくのがいいでしょう。

 


スポンサーリンク

 

ガーベラの押し花

 

ガーベラの押し花

水分が多く、厚みのあるガーベラは、押し花に加工しにくいお花だとされてきました。

 

しかし、最近では、乾燥シートや乾燥剤、電子レンジなどを利用して押花を作ることができるようになり、昔は不向きだったお花も、手軽に押し花に加工できるようになりました。

 

いろいろなワザを駆使すれば、ガーベラも決して、押し花に作りにくいわけではありません。

 

むしろ、園芸や花屋などで手に入りやすいガーベラは、押し花にチャレンジしやすいお花だとも言えます。

 

アレンジ

ガーベラの押し花は大ぶりなので、ワンポイントとして使うとさまになります。

 

たとえば、ランチョンマットやスマホケースなどに使うと、存在感のあるデコレーションに。額縁に飾る押し花としても、ゴージャス感が出るので使いやすいです。

 

ガーベラの押し花の作り方

ガーベラの準備

ガーベラは、咲き切る前の状態のものを、晴れた日に切り取って使いましょう。

 

採取してすぐに、お花の付け根で茎を切り落としてください。

 

そして、果物ナイフなどを使って、お花の裏面のガク部分を、薄く削ぎ取っておくのがいいです。

 

お花の厚みがなくなり、ペタンと平面に近づくため、乾燥させやすくなります。

 

作り方

◆乾燥シートを使う方法

ガーベラを押し花に加工するには、乾燥シートを使って、じっくりと乾燥させる方法がお薦めです。

 

乾燥シートを使う作り方については、バラの押し花の作り方と同様です。

 

紙などで挟む前には、花びらをきちんと伸ばし、お花が正面を向くように、きれいに整えておきましょう。

 

◆電子レンジを使う方法

ガーベラは、花びらが薄く、花芯部が厚いというように、お花の厚みにバラつきがあります。

 

そのため、電子レンジにかけると、花芯が乾いていないうちに、花びらが焦げてしまうリスクがあります。

 

早く乾燥させたい気持ちは分かりますが、電子レンジを使う押し花作りは、ガーベラには向いていません。

 

◆アイロンを使う方法

ガーベラは変色しやすいお花です。

 

そのため、アイロンを使った押し花作りは、ガーベラには向いていません。

 

アイロンからの熱で、花びらが色あせたり、黄色く変色してしまうことがあるからです。

 

また、ガーベラは、花芯部に厚みがあるため、コロコロと凹凸が出て、アイロンを均一にはかけにくいです。

 

通販で買える押し花完成品

バラの押し花「赤バラ28輪」

真っ赤なバラを、丸く形が整ったまま、押し花に加工しました。

 

咲いているバラをそのまま、ペタンと圧縮したような、美しい発色と可愛らしい形が魅力です。

 

直径35㎜と小ぶりなバラの押し花は、ウェルカムボードなどに加工するのにピッタリです。

 

ガーベラの押し花「押し花パック・ガーベラお試しセット」

自然の色と風合いを活かしたまま、ガーベラを押し花に加工しました。

 

直径7㎝もある大ぶりのガーベラが、3色セットされています。

 

きれいに正面を向いたガーベラなので、スマホケースなどのレジン素材としても使いやすいです。

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。