【プリザーブドフラワーの花材】オススメのお花や購入できる店舗・通販などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、プリザーブドフラワーの花材を紹介しています。

 

向いている花

新鮮な花

プリザーブドフラワーに加工するお花は、新鮮なものを選んでください。

 

生花を加工して作るプリザーブドフラワーでは、しばらく飾った後のお花を使えば充分だと思ってしまいがちです。

 

ですが、プリザーブドとは、咲いたときの美しさをそのまま、長く保つことができる技術です。

 

咲いた瞬間を切り取る方法だからこそ、みずみずしく生き生きとしたお花を選んだほうが、仕上がりがより美しくなります。

 

花の見分け方

新鮮なお花とは、花びらにふっくらと丸みがあり、水分をよく含んでみずみずしいです。

 

反対に、花びらが茶色く変色していたり、透けるような色になっているものは、あまり新鮮とは言えません。

 

ガクは反っておらず緑色のものを、茎はしっかりと立ち、傷や黒ずみがないものを選ぶのがいいでしょう。

 

適しているお花の特徴

お花の形が美しく、適度な大きさのものは、プリザーブドフラワーに向いています。

 

このようなお花は見映えがするため、プリザーブドフラワーにすると存在感があり、見た目が美しいです。

 

また、自分でプリザーブドフラワーに加工する場合は、季節を問わず、いつでも花屋さんで手に入るようなお花を使うと便利です。

 

また、お花の作りがしっかりとして、形が崩れにくいものが適しています。

 

花びらは厚みがあり、しっかりと付きが良く、落ちにくいお花を選ぶのがいいでしょう。

 

向いているお花の例

◆バラ

 

プリザーブドフラワーで一番よく見かけるのが、バラです。

 

高貴で品があるたたずまいのバラは、プリザーブドフラワーに加工して、長くお花を楽しむのにぴったりです。

 

幾重にも重なる花びらが美しく、一輪でも存在感があるので、アレンジメントにも使いやすいです。

 

また、バラは花びらが厚く、ガクから取れにくいので、加工時やディスプレイの間も、お花が崩れにくいという利点もあります。

 

◆あじさい

 

アジサイも、プリザーブドフラワーにすることが多いお花です。

 

ただし、日本原産のアジサイは水分量が多いため、西洋アジサイと呼ばれる外来種のものを使うのが一般的です。

 

たとえば、アナベルやガクアジサイなどがよく加工されています。

 

アジサイのプリザーブドフラワーは、淡く繊細な色合いを活かした、雰囲気のあるものが多いです。

 

また、お花が適度に小さいので、お花同士の隙間や背景を埋めるために使うことができ、とても便利です。

 

たとえば、濃厚な色合いのバラなどに、脇役としてアジサイを添えるなどすると、色彩にメリハリが出て、奥行きのあるアレンジとなります。

 

◆カーネーション

 

花びらに厚みがあるカーネーションは、プリザーブドフラワーに向いているお花です。

 

そして、花びらが多いため、お花の形が崩れにくいという利点があります。

 

ちなみに、丈夫で長持ちするカーネーションは、お花の持ちが良く、しばらく飾っていても弱っているように見えないことが多いです。

 

プリザーブドフラワーに加工する場合は、花屋さんなどで買ってきてすぐのものや、切り取ってすぐのものを、加工するのがいいでしょう。

 

そして、茎を水の中で切る水切りや、水を充分に吸わせる水揚げなどを行ってから、加工するときれいな仕上がりになります。

 


スポンサーリンク

 

向いていない花

大きいお花

プリザーブドフラワーに向いていない花としては、まず、お花が大きいものが挙げられます。

 

たとえば、カサブランカやひまわりはお花が大きく、形状が独特なこともあり、作る過程で溶液につけ込みにくく、作りにくい花材です。

 

同じく、菊やダリアなども、お花が大きいだけでなく、ふくらみのある形状を保ちにくいため、プリザーブドフラワーに加工するには適していません。

 

びらがうすい

花びらが薄いお花は、プリザーブドフラワーに向いていません。

 

プリザーブドフラワーでは、しっかりと厚みのある花びらのほうが、きれいに作りやすく、飾っているときも長持ちします。

 

スイートピーやグラジオラス、デルフィニュームなどは、可憐な風合いが持ち味ですが、花びらが薄いため不向きなお花です。

 

びらが散りやすい

花びらが散りやすいお花も、プリザーブドフラワーには適していません。

 

とくに、桜や椿のように、生花として咲いているときから、散るのが早いお花は不向きです。

 

このようなお花は、たとえプリザーブドフラワーに加工しても、ちょっとした接触で、花びらが取れて崩れてしまうことになります。

 

向いていないお花は専門店で!

上に挙げたように、プリザーブドフラワーに向いていないお花であっても、専門店などでは、プリザーブドフラワーにした花材などを手に入れることができます。

 

プリザーブドフラワーの専門店などでは、専門の業者が特殊な技術で加工したものを仕入れています。

 

そのため、個人では加工するのが難しいお花も、花材として購入することができます。

 

ただし、もともと不向きなお花を、プリザーブドフラワーにした花材には、値の張るものが多いです。

 

その他の花材

葉もの、グリーン

アレンジメントを作るときに欠かせないのが、葉ものと呼ばれる、グリーン系のプリザーブドです。

 

たとえば、アイビーなどのつる状のグリーンは、アレンジに動きが出るので、使い勝手がいいです。

 

同じく、よく使われるのが、松風草のプリザーブドです。

 

松風草は、一見、アジサイのようにも見える、淡くて優しい雰囲気の葉が印象的なグリーンです。

 

どんなお花にも合わせやすく、グリーンモスのように隙間を埋めるにも重宝するので、アレンジのときに活躍します。

 

木の実

プリザーブドした木の実として、人気があるのが、ペッパーベリーです。

 

丸くて小さな実が可愛らしく、緑や赤のナチュラルな色合いのものから、青やピンクに彩色されたカラフルなものまで、幅広い色味が売られています。

 

アレンジメントにより、枝から垂れ下がるそのままを使うこともあれば、木の実をバラして使うこともあり、それぞれ印象が異なってきます。

 

どのようなアレンジにも合い、さまざまな表情が出せるのが、ペッパーベリーの持ち味です。

 


スポンサーリンク

 

店舗で購入する

プリザーブドフラワー専門店

プリザーブドフラワー専門店では、種類な種類から花材を選ぶことができます。

 

そして、なかなか手に入らないような花材であっても、注文して取り寄せることができるなど、専門店ならではの便利さが魅力です。

 

お店のスタッフにも知識のある人が多く、花材やアレンジについて分からないことがあれば、気軽に相談しながら購入することができます。

 

なお、プリザーブドフラワー専門店では、ワークショップや体験教室などを開講していることが多いです。

 

そのようなお店では、専門店といえども、プリザーブドフラワーについて全くの初心者であっても、訪れやすい雰囲気となっています。

 

しかし、プリザーブドフラワー専門店は、客層が限られるため、人口の少ない地方のエリアなどではあまり見かけません。

 

クラフト店

手作り用品を扱うクラフト店では、プリザーブドフラワーの花材を販売していることがあります。

 

手芸や編み物などのイメージがあるクラフト店ですが、その時代の流行りに応じて、さまざまなクラフト用品を取り揃えています。

 

プリザーブドフラワーが定番クラフトとなった今日では、プリザーブドフラワーの花材についても、取り扱いのあるクラフト店が増えています。

 

取り扱いのあるクラフト店では、花材のほかにも、アレンジメントの手作りキットや、生花からプリザーブドフラワーを作るためのキットなどを販売しています。

 

花材については、バラやアジサイなどの人気の高いお花から、木の実や葉ものなどを取り揃えており、アレンジメントを作るには、充分な品揃えであるのが一般的です。

 

花屋

生花を取り扱う花屋さんでも、簡単なプリザーブドフラワーを販売していることがあります。

 

しかし、住宅街にあるような近所の花屋さんでは、通常、贈答用のお花として人気がある、プリザーブドフラワーのアレンジメントだけを販売していることが多いです。

 

一方、ショッピングモールなどに入る、大型の花屋さんやチェーン店などでは、プリザーブドフラワーの花材を取り扱っていることがあります。

 

そのようなお店では、欲しい花材などを、注文して取り寄せてもらえることもあります。

 

雑貨屋

雑貨屋さんの中には、プリザーブドフラワーのアレンジメントを販売しているお店があり、一緒に、花材などを置いてあることもあります。

 

たとえば、プリザーブドフラワーを用いたアレンジメントの手作りキットや、クラフト用の花材などを販売していることがあります。

 

しかし、雑貨屋さんでは、お花を主に取り扱っているわけではないため、常に花材が手に入るわけでなく、在庫がなくなっても入荷しないということが多いです。

 

通販で購入する

はなどんやアソシエ

はなどんやでは、質のいいプリザーブドフラワーを、手頃な値段で買うことができるのが魅力です

 

はなどんやは、東京中央卸売市場の生花仲卸に携わる会社が運営する、お花の総合通販サイトです。

 

お花の専門業者なので、プリザーブドフラワーの品揃えについても、とても種類が豊富です。

 

とくに、あまり市場に出回らないような、貴重なプリザーブドフラワーを多く取り扱っています。

 

たとえば、コチョウランや菊、ひまわりやハイビスカスなど、通常はプリザーブドにするのが難しいお花についても、きれいに仕上がった花材として購入することができます。

 

はなどんやアソシエ

 

オーブ(AUBE)

オーブは、プリザーブドフラワーを専門に扱う、アレンジメントや花材のショッピングサイトです。

 

サイトでは主に、ギフト用アレンジメントと花材を販売しています。

 

プリザーブドフラワーの花材では、大地農園などの国産ブランドのお花を、多く取り揃えています。

 

そのため、日本人好みの、上品で優しい雰囲気に作られた、美しいお花を手に入れることができます。

 

また、こちらのサイトは、項目が分かりやすく、お花が探しやすいことも魅力です。

 

お花の種類からだけでなく、お花を加工した会社から選んでいくこともでき、自分好みの花材を探し出しやすい作りです。

 

プリザーブドフラワー専門のAUBE-オーブ

 

楽天

楽天では、さまざまな出店者の中から、好みのプリザーブドフラワーを検索して探し出すことができます。

 

出店者は、プリザーブドフラワーの花材を専門に取り扱う業者や企業のほか、花屋さんなどの個人事業主が中心となります。

 

実店舗がないような個人取引の出店もありますが、楽天が間に入る安心感があり、実店舗がない分安い価格で買えることが多いです。

 

楽天を使うと、自宅で一度に、複数のお店における、お花の種類や値段が比較できる点が便利です。

 

決済方法も多く、遠方からも気軽に購入できるため、地方在住のフローリストなども活用しているサイトです

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。