【レジンボタンの作り方】型や手作り方法、デザインなどを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、レジンボタンの作り方を紹介しています。

 

レジンボタン

 

レジンボタンとは、レジンをボタンとして加工したものです。

 

レジンの中に好みのパーツを入れれば、個性が光る、オリジナルのボタンを作ることができます。

 

レジンボタンは、ガラスのような光沢が美しく、衣服などに使うと、アクセサリー代わりにもなります。

 

イラストやイニシアルで装飾すれば、子ども服などにも使いやすいでしょう。

 

バッグやポーチなどに付けたり、ゴムを通してヘアゴムにしても可愛らしいです。

 

材料

必要な材料

主な材料は、ボタンの土台となるものと、レジン液です。

 

ボタンの土台には、くるみボタンキットを使うと作りやすいです。

 

なお、レジンをボタン型に型取りするときには、モールドや紙粘土などが必要です。

 

また、ハンドドリルがあると、レジンにボタン穴を開けるときに便利です。

 

その他、レジンボタンを装飾するための、パーツなどを用意してください。

 

 

くるみボタンキット

くるみボタンキットとは、くるみボタンを手作りするためのクラフト用パーツです。

 

材質は、金属製のものが一般的です。

 

くるみボタンキットには、丸く盛り上がった上部パーツと、お皿のようにへこんだ下部パーツとがあります。

 

通常は、上部パーツに、足つきの下部パーツをセットして使います。

 

なお、ボタンキットは、クラフトショップやショッピングサイトなどで、複数個入りが数百円ほどで販売されています。

 

他にも、セリアなど、100均のクラフトコーナーでも買うことができます。

 

 

ハンドドリル

ハンドドリルは、レジンボタンにボタン穴を開けるときに使います。

 

ピンバイスドリルや、ネイルドリルという名前でも販売されています。

 

ハンドドリルは、レジンの穴開けだけでなく、プラスチックや木材にも穴を開けることができ、プラモデル作成用としてよく使われています。

 

最近では、ネイルや、アクセサリーストーンの穴開けにも使われています。

 

なお、ドリルの先には、らせん状の刃が付いており、ぐるぐるとドリルを回しながら穴を開けていきます。

 

レジンを壊すことなく、少しの力できれいに穴を開けることができます。

 

料金は、本格的なものは千円前後から、安いものでは100均などでも手に入れることができます。

 

 

装飾パーツやデザイン

レジンボタンを装飾するのに適しているものは、紙や布などの、薄手の素材です。

 

たとえば、北欧系デザインのファブリックで飾ると、雑貨屋さんで売っているような、おしゃれなボタンに仕上がります。

 

和紙もボタンと相性が良く、レジンでコーティングすることで、おはじきのようにかわいい和柄ボタンとなります。

 

他にも、使いやすいのが、マスキングテープです。

 

マスキングテープは一度、下敷きなどのプラ素材に貼り付けてから、ボタンの大きさに型取りして切り取ります。

 

切り取ったテープは、プラから剥がしてから、土台などに貼り付けて使えるので、作業が楽です。

 

また、ラインストーンやネイル用シールは、インパクトのあるレジンボタンを作りたいときに、便利なアイテムです。

 

 


スポンサーリンク

 

作り方

くるみボタンキットの上部パーツを利用して作る方法

くるみボタンの上部パーツを利用して、レジンボタンを作る方法です。

 

くるみボタンの、コロンと丸みを帯びた形を活かして作るので、とても簡単です。

 

ボタンの表面にレジン液を塗るだけという、失敗が少ない方法なので、初めてレジンボタンを作る人にもお薦めです。

 

なお、この方法では、レジンの中に、装飾用のパーツ素材を挟み込むのは少し難しいです。

 

◆作り方

・着色する

くるみボタンの上部パーツに、着色をして彩ります。

 

着色には、マニキュアを使うのが便利。

 

マニキュアは、発色が鮮やかなものが多く、偏光パールなどの小技が効いているからです。

 

ラメの強いマニキュアならば、小さくてもギラギラと目立つデザインとなります。

 

マニキュアは何度も重ねて厚塗りをして、くるみボタンの金属をしっかりと隠してください。

 

なお、油性マジックなどで着色することもできますが、少々レジンがにじむことがあります。

 

・装飾する

装飾を足す場合は、着色した上から行います。

 

装飾に使うパーツは、ボタンの丸みに合わせやすいものを使ってください。

 

たとえば、シールやマスキングテープなど、球面にしっかりと貼り付くものが使いやすいです。

 

とくに、ネイルシールは、お薦めの装飾パーツです。

 

ネイルシールは、爪に合わせたサイズがボタンにも程良く、遊び心のあるデザインが多いので、レジンボタンとも相性がいいです。

 

・レジン液を塗る

着色した上部パーツを、レジンでコーティングします。

 

マニキュアがよく乾いたのを確認してから、レジン液を塗っていきます。

 

レジン液は、筆などを使って、薄く伸ばしながら塗りましょう。

 

あまり触りすぎると、表面がぼこぼこになるので、さっと手際よく仕上げるのがコツです。

 

ライトや自然乾燥などで、表面を硬化させれば完成です。

 

くるみボタンキットの下部パーツを利用して作る方法

くるみボタンの下部パーツを利用して、レジンボタンを作る方法です。

 

下部パーツは、足つきボタンとも呼ばれ、糸通し部分となる金具が、底に付いているのが特徴です。

レジンボタンを作るときは、下部パーツのへこんでいる面に、レジン液を流し入れて作ります。

 

ミール皿のように適度な深さがあるので、パーツなどを入れて装飾しながら、ボタンを作ることができます。

 

上部パーツを使うボタンよりも、レジン液を多く使うので、光沢の強いレジンらしいボタンに仕上がります。

 

◆作り方

・穴をふさぐ

下部パーツでは、糸通しの金具を取り付けてある箇所に、微かな穴が空いていることがあります。

 

穴があると、そこからレジン液が流れ落ちてしまいますので、先に穴をふさいでおきます。

 

瞬間接着剤などを使い、金具の隙間を埋めるようにしてふさいでください。

 

・底面を平らにする

下部パーツの面には金具などが付いているため、底がでこぼこしています。

 

そのため、デコペーパーなどで装飾する前に、底面を平らにしておく必要があります。

 

底面を平らにするには、レジン液を少量入れて、下地を作る方法があります。

 

また、紙粘土を入れて、底上げをしてもキレイに仕上がります。

 

・紙や布などで装飾する

ボタンの底面にデコペーパーなどを敷く場合は、くるみボタンの大きさに合わせて切り取ります。

 

切り取ったものは、下部パーツの底面にすっぽりと収まるサイズに、細かく調整してください。

 

なお、デコペーパーなどの紙や、布素材のものは、底面に軽く接着すると作りやすいです。

 

とくに、紙粘土の上に敷く場合は、接着剤などで貼り付けておくのがいいでしょう。

 

・レジン液を入れる

パーツ素材を入れる順番は、紙や布などを敷いた後、一度レジンを入れて、固めてからになります。

 

ボタンパーツの深さに合わせて、ラインストーンやシールなど、薄めのパーツで装飾するのがいいでしょう。

 

最後に、再度レジンを流し入れてから、よく硬化させれば完成です。

 

モールドを使って作る方法

モールドを使うと、好きな形のボタンを作ることができます。

 

丸や四角のモールドを使うと、ボタン穴の大きさに合わせやすく、ボタン穴も開けやすいです。

 

とくに、自分でボタン穴を開けるときには、薄くて平たい形のモールドを使うのがいいです。

 

また、初心者でも作りやすいのが、ボタン型のモールドを使う方法です。

 

ボタン型のモールドは、クラフトショップや100均などで手に入れることができます。

 

 

◆ボタン型モールドを使った作り方

ボタン型モールドに、半分ほどの高さまで、レジン液を流し入れます。

 

ここで、いちど硬化させてから、装飾などを行います。

 

なお、ボタン型モールドでは、パーツは少なめにして、シンプルな装飾にしたほうが、強度が高くなります。

 

お薦めなのが、ラメやグリッターを使って、輝きをプラスする方法です。

 

モールドの残り半分に、レジン液を足してから、ラメやグリッターを入れます。

 

レジン液とラメなどを、よく混ぜ合わせてから、また硬化させると完成です。

 

なお、レジン液を入れるときには、ボタンの穴を作る飛び出し口に、液が触れないように気を付けましょう。

 

◆通常のモールドを使った作り方

レジンボタンに加工しやすいのが、薄い丸形のモールドです。

 

ボタン穴は後で開けるので、紙や布などで装飾して作ることができます。

 

装飾をする場合は、モールドに半分ほど、レジン液を入れて固めてから、紙や布などを敷き、またレジン液を入れて封じ込めます。

 

シールやラメで装飾するときも、同様です。

 

最後に、レジンがしっかりと固まってから、ボタン穴を開ける作業を行います。

 

ハンドドリルなどで、二カ所に穴を貫通させれば、レジンボタンの完成です。

 

なお、ボタン穴は、あまり数を増やすと、強度が低くなり割れやすくなります。

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。