【レジンバレッタの作り方】型(モールドなど)やカーブ(曲げ方)を紹介


スポンサーリンク

 

本記事では、レジンバレッタの作り方を紹介しています。

 

レジンバレッタ

レジンバレッタとは

レジンバレッタとは、レジンパーツで装飾した髪留めです。

 

バレッタとは通常、髪留めとなるクリップ金具と、装飾部分のパーツとでできています。

 

装飾部分のパーツは、リボンやシュシュなどの布地のほか、プラスチックや金属、ガラスなど、さまざまな素材で作られています。

 

この装飾部分のパーツに、レジンパーツを使うことで、透明感や光沢感を活かしたバレッタを作ることができます。

 

さらに、好きなイラストや花を封じ込めることで、世界でひとつだけの、オリジナルのヘアアクセを身に付けることができます。

 

装飾パーツやデザイン

◆お薦めの装飾パーツやデザイン

レジンバレッタに入れる装飾パーツは、ヘアアクセとして身に付けるときの、雰囲気に合わせて選びましょう。

 

たとえば、優しくフェミニンな雰囲気のバレッタを作りたいときには、布やレースなどの装飾がよく合います。

 

さらに、押し花や花柄のネイルシールを使うと、エレガントな雰囲気に。パールやガラスビーズなどを組み合わせると、特別な日のヘアアレンジにも使える、ゴージャスなバレッタになるでしょう。

 

また、シックで大人っぽい雰囲気にしたいときは、ラインストーンや薄手のチャームなどを、等間隔に並べるだけにするなど、シンプルに作るのもありです。

 

落ち着いたトーンに着色すれば、オフィスでも使えるぐらい、セミフォーマルな仕上がりになります。

 

また、ビーズなどでラインを入れるなど、シャープなデザインを施すのもおしゃれです。

 

◆押し花

アジサイやかすみ草などの押し花は、着色してから使うと、彩りが増して華やかです。

 

押し花に色付けするときに便利なのが、布用マジックや名前用カラーペンです。

 

フェルトペンなので、押し花などの繊細な素材にも色を乗せやすく、色落ちがしにくいです。

 

なお、押し花は空気を含みやすく、レジンの中に気泡ができやすい素材です。

 

あらかじめ、レジン液の中に浸して、押し花とレジン液をよく馴染ませてから、レジンの中に入れるようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

セッティング台付きバレッタを使う作り方

セッティング台付きバレッタ

◆セッティング台付きバレッタとは

セッティング台付きバレッタを使えば、レジンバレッタを簡単に作ることができます。

 

セッティング台付きバレッタは、ミール皿付きバレッタとも呼ばれており、バレッタをハンドメイドするための金具パーツです。

 

バレッタの髪留め金具の上には、浅底のフレーム枠で囲まれたセッティング台が付いています。

 

セッティング台のフレームの中に、レジン液や装飾パーツを入れることで、オリジナルのバレッタを作ることができます。

 

 

◆いろいろな形のセッティング台

セッティング台は、楕円形や長方形などのシンプルな形が使いやすいです。

 

さらに、その中を多角形に割るなど、デザインが施されたものも便利です。

 

また、丸形やスクエア型のフレームを、複数個組み合わせたような、おしゃれなデザイン台もあります。

 

◆セッティング台付きのメリット

台座のフレーム内に、レジン液を流し込むだけなので、型取りやカーブ付けなどを行う必要がありません。

 

そして、髪留め部分もセットされているので、最後に、レジンとバレッタを接着する手間も要りません。

 

また、デザイン性の高いフレームのものを選べば、装飾パーツを入れなくても大丈夫。

 

着色やラメなどを施すだけで、おしゃれなバレッタとなります。

 

作り方

セッティング台付きバレッタでの作り方は、ミール皿でレジンを作るときとほぼ同じです。

 

まず、セッティング台の半分程度まで、レジン液を流し込み、いったん硬化させます。

 

そこに、ラメやラインストーン、レースなどの装飾パーツを入れます。再度、レジン液を流し入れて、硬化させたら完成です。

 

モールドを使う作り方

モールドを使う作り方

モールドでかたどったレジンを使い、レジンバレッタを作ることができます。

 

作り方には、レジンパーツをひとつだけ作成する場合と、複数のレジンパーツを作ってから、それらを組み合わせて作成する場合があります。

 

なお、レジンバレッタに使うモールドは、丸や四角などのシンプルな形が使いやすいです。

 

材料

準備する材料は、モールドとバレッタ金具です。

 

バレッタ金具は、ハンドメイド用として売っている、髪留め部分だけのものを使います。

 

そのほか、装飾用パーツと接着剤などを用意してください。

 

レジンパーツひとつでの作り方

◆モールドの準備

レジンパーツひとつで作るときのモールドは、楕円形や長方形などを選ぶと、ヘアアクセとして使いやすいです。

 

なお、バレッタに合うレジンパーツを作るためにも、モールドの大きさ選びは肝心です。

 

髪留め部分が隠れる程度で、頭に付けたときに程良いバランスとなるように、モールドのサイズを選びましょう。

 

◆レジンパーツを作る

まず、モールドの中に半分の高さまで、レジン液を流し入れて硬化させます。

 

次に、装飾パーツなどを入れます。

 

押し花やレースなど、空気の入り込む隙間が多い素材は、レジン液に浸してから、モールドの中に収めてください。

 

最後に、モールドの高さまでレジン液を流し入れて、硬化させると、レジンパーツの完成です。

 

◆カーブ付け

モールドでかたどったレジンは、バレッタ金具の曲線に合うように、カーブを付ける必要があります。

 

カーブを付けるには、レジンをいちど温めて、柔らかくする方法が便利です。

 

まず、レジンパーツに、ドライヤーの温風を当ててよく温めます。

 

レジンが熱を帯びてきたら、親指と人差し指を広げてしっかりと持ち、レジンを弓なりにしならせるようにして、カーブを付けていきます。

 

一気に力を入れて曲げるのではなく、弱い力で少しずつ曲げながら、カーブの形を付けていきましょう。

 

少し曲げたら、いちどドライヤーで温め直して、また曲げるという作業を何度も繰り返してください。

 

程良くカーブが付いたら、洗面器に張ったお水に浸けるなどして、レジンを冷やします。

 

レジンを素早く冷やすことで、カーブの形を固定することができます。

 

◆接着

レジンパーツとバレッタ金具を接着します。

 

瞬間接着剤を使用すると便利です。

 

また、レジン液を付けてから硬化させることで、接着剤代わりとすることができます。

 

レジンパーツ複数個での作り方

◆モールドの準備

モールドでかたどったレジンパーツを、複数個組み合わせて、バレッタを作る方法です。

 

用意するモールドは、小さめのものが使いやすいです。

 

モールドをひとつだけ用意すると、同じ形のレジンパーツを、複数個並べて、バレッタを作ることができます。

 

丸や三角、四角などのモールドを用意すると、いろいろな形のレジンパーツを混ぜて、バレッタを作ることができます。

 

ただし、あまりたくさんの形を組み合わせると、まとまりが悪くなります。

 

使うモールドは、せいぜい2~3種の形に抑えたほうがいいでしょう。

 

◆レジンパーツを作る

・個数

モールドを使って、複数個のレジンパーツを作ります。

 

作る個数は、バレッタ金具に並べたときに、ちょうど収まる数にします。

 

ちなみに、レジンパーツをバレッタ金具に接着するときには、ぎっしりと詰めて並べる場合と、少しずつ重ねて並べる場合とがあります。

 

重ねて並べる場合では、その分場所が空くことを考慮して、多めにレジンパーツを作成してください。

 

・デザイン

レジンパーツは、全部を同じデザインにしてもいいし、それぞれのデザインを変えてもいいです。

 

ちなみに、レジンパーツごとの着色を変えて、2色や3色を組み合わせると、ステンドグラスのような煌めきが出ます。

 

また、レジンパーツごとに、微妙に着色を混ぜていくことで、並べたときにグラデーションのように見せる方法もあります。

 

また、押し花のような装飾パーツを使うときには、レジンパーツごとに入れ方を変えるほうが、おしゃれなバレッタとなります。

 

◆接着

複数個のレジンパーツを、バレッタ金具の上に乗せて接着します。

 

バレッタ金具の全体に、バランスよく乗るようにして、レジンパーツを接着してください。

 

なお、レジンパーツを重ねて接着する場合は、同じ向きに重ねていくと、隙間が目立ちにくくなります。

 

また、まっすぐに並べるのではなく、わざと上下にズラしたり、ランダムに並べて乗せるのも、デザインに動きが出て面白いです。

 


スポンサーリンク

 

モールドがないときの代用

おゆまるや紙粘土

おゆまるや紙粘土を使うと、オリジナルのレジン型を作ることができます。

 

バレッタの大きさやデザインに、こだわりがある人にお薦めの方法です。

 

おゆまるや紙粘土は、文房具やクラフトショップのほか、100均などで買うことができます。

 

ちなみに、おゆまるは、80度以上の熱湯に浸けると柔らかくなり、冷やすと固まります。

 

紙粘土も、形を整えた後、しばらく放置すると固まります。

 

 

型の作り方

おゆまるや紙粘土で型を作るときには、まず、板状に整えます。

 

この板の面に、型を取ることとなるので、作りたいレジンバレッタのサイズより、大きめに整えてください。

 

次に、板の面に穴を開けて、モールド代わりとなる型を作ります。

 

手指で掘り起こしてもいいのですが、サイズが合う容器などを使うと、キレイに型が作れます。

 

たとえば、バレッタサイズの型には、ペットボトルのキャップや口紅容器などが利用できるでしょう。

 

また、子ども用のバレッタには、クッキー型やキャラ弁用の型などを利用しても、面白く仕上がります。

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。