【ハーバリウムの材料】販売店(通販、店舗)やオシャレなライトも紹介!!


スポンサーリンク

 

ハーバリウム作りを始めようというときは、まずどのような材料があるのかチェックする必要がありますよね。

 

基本的には、容器(瓶)と液体、花材の3つがメインになります。

 

材料はそれぞれハーバリウムに適しているものがあるので、必要な材料だけでなくどんなものがいいのかも合わせて知っておくといいですよ。

 

本記事では、ハーバリウム作りに必要な材料・道具と、販売されているお店を紹介しています。

 

【ハーバリウムの通信講座】オススメはこれ!!資格を通信で取得する!

 

必要な材料

まずはハーバリウム作りに必要な材料を確認しましょう。

 

瓶(容器)

瓶は、ふた付き・ガラス製(プラスチックでも可)・密閉性のあるものを選びましょう。

 

また、容器が大きすぎるとオイルや花材もたくさん必要になるので、お試しで作ってみたいという方は100~200 ml程度の瓶を選ぶことをおすすめします。

 

様々なデザイン(四角柱、円柱、ハートなど)の瓶が販売されているので、作りたいハーバリウムに合わせたり、お好みのものを選ぶとよいでしょう。

 

瓶を選ばれる際はご参考ください。

ハーバリウムの瓶の販売店や、容器(電球、ハート、丸など)、消毒方法を紹介

 

ベースとなる液体

オイル

オイルは、ハーバリウム専用オイルを使用すると間違いありません。

 

ただし、お値段が高めなので、専用オイルの主成分であるミネラルオイル(流動パラフィン)またはシリコンオイルでも大丈夫です。

 

専用オイルの代用品としてはベビーオイルなどがあります。

 

商品によってはハーバリウムオイルに合ってないこともあるので注意が必要です。

 

オイルの特徴や代用品について詳しく知りたい方はご参考ください。

ハーバリウムの専用オイル(液体)や代用品(ベビーオイルなど)を紹介!

 

花材

花材には、花だけでなく草や実、フルーツなども含まれています。

 

花材は水分が含まれているとカビ・腐敗の原因となってしまうので、造花(フェイク)乾燥させたものを準備しましょう。

 

同系色の花びらで統一したり、花とグリーン系植物を一緒に入れたり、緑の植物とオリーブの実を入れたグリーンハーバリウムなど、お好みで選びましょう。

 

よく使用される花材を確認したい方はご参考ください。

ハーバリウムの花材を紹介!通販や店舗で買える花(ドライフラワー、造花など)

 

材料費はおいくら?

材料費は約500円~となっています。

 

100均で全て揃えるのであれば

 

  • ベビーオイル
  • 花材×2

 

というように、500円弱で材料を集めることことができます。

 

◆瓶

瓶は、ご自宅に調味料やジャムの空き瓶があればそれを利用することもできます。

 

購入する場合でも、100均で販売されているので約100円~から買うことができます。

 

100均(セリアなど)で買えるハーバリウムの材料(造花、瓶)と作り方を紹介

 

◆オイル

ハーバリウム専用オイルであれば、1Lで約3000円になります。

 

ミネラルオイル(流動パラフィン)であれば、500mLで約1000円になります。

 小堺製薬 流動パラフィン(食添) 500mL

◆花材

花材にかかる材料費は使用するものによって大きく値段が変わります。

 

100均などの造花やドライフラワーの詰め合わせであれば約100円で購入できますが、プリザーブドフラワーのように特殊な加工がされているものですと数千円になります。

 


スポンサーリンク

 

道具

材料の他にも、ハーバリウム作りに欠かせない道具があるので確認しましょう。

 

ピンセット・割り箸

縦長の容器は奥まで指が入らないので、ピンセットや割り箸を使って花材を詰めていきます。

 

指が容器に触れて内壁が汚れてしまうのを防ぐこともできます。

 

消毒用アルコール

ハーバリウムに使用する瓶は、カビや腐りなどの予防として、消毒・殺菌する必要があります。

 

その際に消毒用アルコールがあると、コットンなどに馴染ませピンセットで掴んで拭くだけで、簡単に消毒できます。

 

消毒用アルコール以外では、キッチン用ハイターで消毒しても大丈夫です。

 

ハサミ

花材をカットする際に使います。特に専用のものである必要はありません。

 

ライトでよりオシャレに!

LEDコースター

LEDライトコースター

 

LEDのコースターをハーバリウムの下に置くことで、ハーバリウムが雰囲気のあるオシャレなインテリア雑貨になります。

 

お部屋のムード作りや、クリスマスなどの行事の飾りとしてもハーバリウム+LEDコースターはオススメです。

 

材料の販売店

通販

◆amazon

 

 

 

 

◆はなどんやアソシエ

ハーバリウムに必要な材料がそろう、花材の専門店です。

 

はなどんやアソシエ

 

ハーバリウムの通販サイト(ラフ、アマゾンなど)や販売店、人気商品を紹介

 

店舗

東京堂などの花材専門店であれば、ハーバリウムに必要な材料を全て揃えることができます。

 

◆100均・IKEAが安い!

安く材料を集めたいという場合には、瓶や花材を100均、IKEAで探してみることをオススメします。

 

◆シリコンオイルはホームセンターで

シリコンオイルはほとんどのホームセンターで取り扱いがあります。

 

ミネラルオイル(流動パラフィン)については、ホームセンターではなく薬局に置いてあることがあります。

 

ただし、全て薬局が取り扱っているとは限らないので、ない場合には主成分が流動パラフィンであるジョンソンのベビーオイルを代用とすることをオススメします。

 


スポンサーリンク

 

まとめ

〇ハーバリウムに必要な基本的な材料は、瓶・オイル・花材

 

〇ハーバリウム作りの道具として、ピンセット(または割り箸)、消毒するもの、ハサミが必用

 

〇材料は花材の専門店で購入可能

 

〇材料費を抑える場合には、シリコンオイルをホームセンター(ミネラルオイルは薬局)で、瓶や花材は100均やIKEAで購入するのがおすすめ

 

ハーバリウムの簡単な作り方やコツを紹介!液体はベビーオイル、花は造花…

 

【ハーバリウムの通信講座】オススメはこれ!!資格を通信で取得する!

 

「ハーバリウム」に関する記事のまとめはこちら

 


 

 
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です